2006.05.30

Funny English -2

昨日の記事を書きながら、思い出したFunny English 第2弾。

ある時、一人の主婦と話していた・・。

彼女は毎日の生活で起こる出来事を話ていたのだが、
"I was cooked supper by my husband." と言った。 
「えっ???」怪訝な顔をして彼女を見つめる私に、「主人に晩御飯を作ってもらったんですよ・・・。」

そこで私は、ホワイトボードマーカーを取り、ボードに絵を書き始めました。ガスコンロの上に鍋がかかっていて、その鍋に人が入っている。そして、ガスコンロの火は燃えている・・。

「これ、I was cooked・・・」その時も二人で大笑いでした。

正しくは" I had my husband cook supper for me."となるはず。

チョッと硬いけど文法的に説明すると、多くの人は受身と使役の区別が難しいようだ。よく受験でも出題される例に、「自転車盗まれちゃった。」と言う文を"I was stolen・・・"としてしまう人が多い。これでは「私自身が盗まれちゃった・・」と言っている。これも "I had my bike stolen."となるべき。

「主人が料理した。」と言う方が簡単なんですが、受身的に話すことが多い日本語のせいで、「~させた」とか「~してもらった」という言い方は間違えやすいようです。

くれぐれも、お鍋の中に入らないように・・・。^^

Funny English  1   You are too expensive.

J0407016  

 

 

 

 

          

続きを読む "Funny English -2"

| | コメント (0)

2006.05.27

You are too expensive !

言葉って楽しい・・・。初めて会った人と交わす言葉。懐かしい人と話す言葉。ブログのように全く不特定多数の、又どういう価値観や背景を持っているかもわからない人たちに向けて発信する言葉・・。自分の思いを人に伝えていく大切な手段の一つ・・。

同時に言葉って恐い・・・。言葉で人の心を傷つけてしまったり、傷ついたり、言葉が足らずに誤解を招いたりもする。日本語であってもよく起こることですが、これが英語などだったりすると全く異なった意味になってしまうから恐い・・・。

随分前のこと、アメリカ人の男性と日本人の女性2人(一人は私)で話していた。すると、この男性が「コンビニに何か飲み物を買いに行くので、買って来て欲しいものある?」 と聞いた。

すると、一緒にいた女性が言った。“Would you buy me?”

アメリカ人の男性は、一瞬目が点・・。私達も「えっ?」と・・。次の瞬間 “No ! You are too expensive !” そして、3人大爆笑!

彼女は “Would you buy me __(例えば ice tea)?” 「私にアイスティ-を買って来てくれない? と言うべき所を「私を買ってくれない?」と言ってしまったのだ・・。彼の「とんでもない!君は高すぎて買えないよ!」という切り返しのうまさ!

失敗からの方が、うまく行ってる時より学ぶという事は、英語に関しても同じですね。私も彼女もこの使い方は決して忘れることがないでしょう。

2006526

  

 

 

 

 

 

                

続きを読む "You are too expensive !"

| | コメント (4)