2006.12.23

ゴスペル Silent Night, Holy NIght

「やっぱりクリスマスにはこの曲がないと・・」という方も多いのではないでしょうか。クリスチャンでなくても、この歌はみんな良く歌いますし、クリスチャンになる前に、友達とクリスマスパーティーをした時にも、この歌は歌ったことがあります。

私がバプテスマ(洗礼)を受けたのは11月4日。初めてクリスマスキャロリング(クリスマスの歌を歌い駅の前や、教会の方達の家を回る)をしました。この歌と「もろびとこぞりて」だけは知っていました。

 
Silent Night, Holy Night

All is calm all is bright

’Round yon virgin mother and Child,

Holy Infant so tender and mild

Sleep in heavenly peace

Sleep in heavenly peace

         
Silent Night, Holy Night

Shepherds quake at the sight.

Glories stream from heaven afar,

Heavenly hosts sing aleluia

Christ the Savior is born!

Christ the Savior is born!

  

きよしこの夜 星はひかり

救いの 御子は まぶねの中に

ねむりたもう いとやすく

  
きよしこの夜 みつげ受けし

まきびとたちは 御子のみ前に

ぬかずきぬ かしこみて

    
20061100_042_1   

    

             

          

           

          

      

イスラエルのナザレという地方に、マリヤが天使からお告げを受けたという聖書の記事に基づいて「受胎告知教会」というのが建っている。

とても大きな教会で、2階の壁には世界各地から送られた「イエスと母マリヤ」の絵が飾られている。

その中に日本の「華の母子」という、ルカ長谷川氏の作品もありました。写真がそれです。手前の黒い影が人の頭で、絵の大きさがわかると思いますが、とても大きな絵です。

実際のイエスは、泊まる所がなかったので、家畜小屋の飼い葉おけに寝かされた、と聖書は言っています。こんな美しい着物もなかったでしょうが、日本の方が書いたということで、とても興味を持ちました。

            

続きを読む "ゴスペル Silent Night, Holy NIght"

| | コメント (7)

2006.12.12

ゴスペル O Holy Night

今日のクリスマスの歌は、私の好きな歌 O Holy Night です。最初にこの歌を聞いた時、本当に感動しました。

O holy night, the stars are brightly shining;

It is the night of the dear Saviors birth!

Long lay the world in sin and error pining,

Till He appeared and the soul felt its worth.

A thrill of hope, the weary soul rejoices,

For yonder breaks a new and glorious morn.

Fall on your knees, O hear the angel voices!

O night divine, O night when Christ was born!

O night, O holy night, O night divine!
       

さやかに星はきらめき み子イエス生まれたもう

ながくも闇路をたどり メシヤを待てる民に

新しき朝は来たり 栄えある日は登る

いざ聞け、みつかい歌う たえなる

あまつみ歌を めでたしきよし今宵  

   

続きを読む "ゴスペル O Holy Night"

| | コメント (6)

2006.12.02

ゴスペル  What Child Is This?

クリスマスの飾りの一つ、イエス・キリストの誕生の場面を表している飾りをNativityと言いますが、たいていは家畜の飼い葉桶で寝ているものが殆んどです。聖書にそのような記述があるからです。

下のは、ちょっとした場所があれば飾れるミニサイズです。

  
_008    

       

      

    

  

    

イスラエルでは、オリーブの木で出来たNativityを良く見ましたが、ちょっと変わったデザインのを見つけ、気に入って買ってきたものです。これはイエスがマリアの膝で抱かれているものです。聖書にはマリアがイエスを抱いたとは書いてありませんが、生まれた子を母が抱っこするのは当たり前の事でしょう。

  
20061120_002        

             

      

   

          

     

     

このNativityを見ていると、What Child is this ・・“マリアの膝で眠っているこの子は、一体誰だろう・・・”というこの歌を思い出します。(膝で眠っているという部分は日本語には訳出されていませんが・・・)

           
            

続きを読む "ゴスペル  What Child Is This?"

| | コメント (12)

2006.11.26

ゴスペル Hark! the Herald Angels Sing

今日紹介するクリスマスの曲は、チャールズ・ウェスレィ (Charles Wesley 1707-1788)作詞、作曲はフェリックス・メンデルスゾーン( Felix Mendelssohn 1809-1847)のものです。

チャールズ・ウェスレィはその生涯の中で6,500以上の賛美歌を書いたと言われています。そして、この曲も200年以上もの間多くの人々はこの曲を歌い、クリスマスをお祝いしてきたのです。

メンデルスゾーンはドイツで生まれたユダヤ人の音楽家であり、ナチスの支配下ではユダヤ人の音楽家は活動を禁止され困難な時代をすごしました。

しかし、彼の才能を認めた人たちは、彼を演奏に招き、回りも黙認していたということです。

   
Hark ! the herald angels sing, 

Glory to the new born King!

Peace on earth and mercy mild,

God and sinners reconciled.

Joyful, all ye nations, rise,

Join the triumph of the skies;

With th'angelic host proclaim,

Christ is born in Bethlehem,

Hark ! the herald angels sing,

Glory to the new born King!

 

あめにはさかえ み神にあれや

つちにはやすき ひとにあれやと

み使いたちの たたうる 歌を

聞きて もろびと ともに喜び

いまぞ生まれし きみを讃えよ  

    
20061126_005      

           

 

      

     

      

   

           

続きを読む "ゴスペル Hark! the Herald Angels Sing"

| | コメント (6)

2006.11.16

ゴスペル O Come All Ye Faithful

クリスマスの歌、第2弾は、「神の御子は今宵しも」、
英語で“O Come All Ye Faithful”という曲です。
日本語訳は伝統的な賛美歌から・・。

  
1 神の御子は 今宵しも 

  ベツレヘムに 生まれたもう

  いざや 友よ もろともに

  いそぎゆきて 拝まずや

  いそぎゆきて 拝まずや

           

1.O come all ye faithful

    Joyful and triumphant

    O come ye, O come ye to Bethlehem

    Come and behold Him

    Born the  King of  angels

 
       O Come let us adore Him

       O Come let us adore Him

       O Come let us adore Him

       Christ the Lord.

   

                               Latin hymn,18th century

                               English translation by Frederick Oakeley

Cehch330_1               

          

            

                           

            

          

          

            

  御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、

  羊飼いたちは互いに話し合った。

  「さあ、ベツレヘムに行って、

  主が私たちに知らせてくださった

  この出来事を見て来よう。」   

 
     ルカ2:15         

続きを読む "ゴスペル O Come All Ye Faithful"

| | コメント (2)

2006.11.07

ゴスペル Joy to the World

Jesus Festival が終わった後、ゴスペルのクラスは、もうクリスマスの歌を練習しています。皆さんが知っているクリスマスの歌はどんな歌でしょうか?

「もろびとこぞりて」は良く耳にするクリスマスの歌のひとつでしょう。小さい頃、私は意味もわからず「も~ろ~びと~・・・しゅわぁ~しゅわぁ~きませり」とクリスマス会で歌っていた事を覚えています。

                Isaac  Watts
             
Joy to the world, the  Lord has come!

Let earth receive her king.

Let every heart prepare Him room

And heaven and nature sing,

And heaven and nature sing,

And heaven, heaven and nature sing
           

 
もろびとこぞりて むかえまつれ

久しく待ちにし 主は来ませり

主は来ませり 主は来ませり

主は 主は来ませり  

  
J0396002       

 

         

        

       

    

     

                                     

続きを読む "ゴスペル Joy to the World"

| | コメント (11)

2006.09.30

伝えたいことがある・・Just Let Me Say.

Just Let Me Say (伝えたいことがある・・)

私の好きな歌のひとつ、オーストラリアのHillsong Churchの歌です。
YouはJesus(イエス)のこと・・。

1.Just let me say how much I love You
  Let me speak of Your mercy and grace
  Just let me live in the shadow of Your beauty
  Let me see You face to face

  And the earth will shake
         as Your Word goes forth
  And the heavens can tremble and fall
  But let me say how much I love You
  O my Savior, my Lord and friend

  
2.Just let me hear Your finest whispers
  As You gently call my name
  And let me see Your power and Your glory
  Let me feel Your Spirit's flame

  Let me find You in the desert
  'Til this sand is holy ground
  And I am found completely surrendered
  To You, my Lord and friend  

          
     
Ph01211j       

  

   

  

     

日本語の歌詞は続きに・・・。 

  

続きを読む "伝えたいことがある・・Just Let Me Say."

| | コメント (10)

2006.09.19

Jesus Festival

昨日は、Japan Gospel Choirs Fellowship 5 (ジャパン・ゴスペル・クワイァ フェロ-シップ)が川口で開催された。

私は今回は2回目でしたが、コンサート自体は5回目で、先回(2年前)よりも、参加人数は増えているし、ダンス部門なども増えていた。一緒に参加する人たちと待ち合わせて、午前11:30に川口に着き、リハーサル。全部終わったのは、午後6時を過ぎていた。

歌う人も、自分の出番以外は客席にいるので、チケットを買っての参加となる。後で見に来た友人は、当日券は売り切れて、他に残っている所から、急遽調達したとの事。改めて、ゴスペルの人気が伺える。

今回は、Oh Happy Day と言うゴスペルの代表的な曲を作ったEdwin Hawkinsが来日して彼の歌と6つのマス・クワイァ(たくさんのクワイァの合同)、5つのダンスチームが参加した。

  20060918_003  

 

 

 

 

 

フラで賛美するダンスグループ。

20060918_009

 

 

 

 

 

                                     

続きを読む "Jesus Festival"

| | コメント (10)

2006.09.05

マイム・マイムと聖書

最近の子供達はフォークダンスなんて躍るのだろうか?テレビの人気アイドルの歌と踊りを真似しているのではないだろうか。私が小学生や中学生の頃は、体育祭などでは良くフォークダンスを踊ったものでした。

そのフォークダンスで良く踊ったのが、マイム・マイムという曲でした。実は数年前、これはイスラエルの民謡で、聖書の言葉が土台になっていると知った。

♪ マイム、マイム、マイム、マイム

   マイム、ベッサッソン・・・♪

このくだりは今でも覚えている・・。実は、これはヘブル語、知らずにヘブル語で皆歌っていた!マイムは“水”のことで、ベッサッソンとは“喜びの中に”と言ういみ・・。
 

あなたがたは喜びながら救いの泉から水を汲む。

       イザヤ12:3

 この聖書の言葉が土台になっている・・。

              

続きを読む "マイム・マイムと聖書"

| | コメント (10)

2006.07.31

介護施設でのライヴ・・・Make Us One.

昨日は午後1時にJR中山駅に集合。近くにある老人介護施設に招かれて、ゴスペルのライヴ・・・。

ここは自立者(自分の事は殆んど自分で出来る方達)の施設なので、皆さん元気に話ができる方達が殆んど・・。

リハーサルをし、2時少し過ぎから始まった。曲は

Yes,Lord !  Amazing Grace、 大切な人、

そして、皆で一緒に 故郷、幸せなら手をたたこう を歌い、

再び前に立って、君は愛される為生まれた、Make Us One を歌った。

今日一日の出会いだけど、出会った方達がチョットでも微笑むことができたら、チョットでも心に触れることができたら嬉しい・・・。

そう思いながら、“あなたに 出会えて良かった”と言うフレーズを心を込めて歌った。皆、同じ心で歌っていたように感じた。

皆さんから、小さいひまわりとバラの花束を頂いた・・・。

2006730_001_2

 

 

 

 

  

 

終わってから一緒にお茶を飲みながらお喋りした。クリスマスにも又来てくださいと言ってくれた。私達は小さなグループだし、専門的に音楽をしているわけではないが、そう言ってもらえて嬉しかった。

             

続きを読む "介護施設でのライヴ・・・Make Us One."

| | コメント (4)