2006.11.22

クリスマスの飾りつけ 2

今日はクリスマスの飾りつけ、パート2 

クリスマスまでは、まだ1ヶ月以上ある。もう1ヶ月しかないと感じる人もあるかも知れない。例年は11月の第四木曜のThanksgiving (感謝祭)が終わってから、クリスマスの飾りつけをする事が多い・・。

Thanksgivingはアメリカの行事で、イギリスのピューリタン(清教徒)達が行ったクリスチャンの行事です。だから、私は特別何もしませんが、よく友人が食事に招いてくれて、ターキー(七面鳥)の料理をご馳走してくれました。

ちなみに、ハロウィンの行事はクリスチャンとは関係ありませんので・・・。

ブログを書くおかげで、一つ一つの飾りにも思いをめぐらしながら出来ることは嬉しい。

 
20061120_001 十年以上も経つ、靴下。最近は玄関に飾ってあります。プレゼントは入っていたことはありませんが・・・。

     

          

        

 

20061120_003 こちらの天使は、ちょっと大人っぽい・・・。まだ飾る場所が決まっていない。

今年、通りがかりに見つけた羽が赤と緑の天使も仲間に・・・。         

         

 20061117_004                       

エルサレムで作られたキャンドル。

これは友人に頂いたものです。

私自身がイスラエルに行った時にも、もっと小さいエルサレム・キャンドルをお土産にたくさん買ってきたことがあった・・・。

キャンドルが有名みたいです・・・。

   

             

続きを読む "クリスマスの飾りつけ 2"

| | コメント (10)

2006.11.02

命があるって凄い!

最近の記事でシクラメンが復活したと載せたことがあります。そのシクラメンは元気で一輪だけの花を今も咲かせています。

実はその時、二鉢あったひとつはダメになってしまったのですが、枯れた花の端に種が出来ていました。あまり期待せずに鉢のうえにパラパラと蒔いたのですが、先日芽を出していました。

こんなのは、初めて見ました・・。他の種は隙間に落ちて、ひょろひょろと長い芽を出していましたが、このまま枯れてしまいそう・・。

  
20061102a_001_2

下に置いてある楊枝の大きさから実物の大きさがわかっていただけるで しょうか?

別のシクラメンは、同じ球根から葉を出して、このシクラメンは種から芽を出してきました。

もうダメと思った事はあったんですが、あきらめないで水をやり続けて本当に良かった。

   

芽を見ていると、生きようとする力を感じる。枯れて何もないように見える時期も、命はちゃんと芽を出す力を持っている・・・。

人も・・生きて欲しい、生き抜いて欲しい・・・この小さな芽のように・・・。

                 

続きを読む "命があるって凄い!"

| | コメント (13)

2006.08.03

トトロと寿司

コレクションと言うわけではないが、コルクボードに刺さっているピンが、私のお気に入りのひとつ。

2006802_001_32006802_001
  

 

 

 

 

 

トトロのとぼけた表情、ぽっちゃりお腹が、なんともかわいらしい・・・。このおとぼけ顔といい、体型といい、私に似ているかも・・・。

似てるから、トトロが好きな訳ではありません。キャラクターも可愛いですが、「となりのトトロ」を見て感じたことは、大人になっていく中で、失っていくものがある。現実を知ることの大切さ故に、見えなくなってしまうものがある。でも、子供たちにはそれが見えるのだ。

子供にしか見えないもの・・。それは、目で見るのではなくて、心で見るものだからかな・・。そんな心をいつまでも持ちたいなって・・・、トトロをみた時感じた事を覚えています。

きっと宮崎監督の心に、子供のような部分があるからなのだろうか・・。「風の谷のナウシカ」も好きな作品です。

お寿司のピンは、お・ま・けです。以前、オーストラリアに旅行した時、友人に持っていくお土産を探していた時見つけました。

       
2006802_001_4  可愛かったので、自分用にも買ってしまいました。

最近はピンではなく、マグネットになっているようです。

 

 

 

                         

| | コメント (6)

2006.05.22

マイ・コレクション

特に集めているわけではないけれど、いつの間にか増えていくのが冷蔵庫のマグネット・・。旅行に行った時などもその地域の記念になるものなどがあったり、可愛いものがあるとつい買ってしまって、こんなに増えた。でも、其々結構気に入っている。

19805_001_14  

 

 

 

 

 

                  

続きを読む "マイ・コレクション"

| | コメント (4)

2006.04.08

思い出のマグとゴブレット

以前、オーストラリヤで買ったマグカップを紹介したことがあります。いつもではないけど、旅行などで行った場所で気に入ったマグを見つけると買うことが良くある。人からも頂くこともあって、増える一方なので最近は自粛している・・・。

200614_003

10年ほど前に姉と姉の長女と3人で北海道に旅行した時、流氷の感じを出している色合いが気に入って買った物。

この時は、姉のご主人も行く予定だったが、直前に髪を染めたら、液が肌に会わなかったようでかぶれて、彼だけキャンセルしたっけ・・・。
(><;)

 

 

200614_002 このゴブレットは、パプアニューギニアで、ある部族の言葉に聖書を翻訳していた方のところへ、友人と二人で訪問した時、焼物の工房で求めた物。

まるで「ウルルン滞在記」のような経験でした。でも、朝太陽と共に起きて、暗くなる前に夕飯済まして、後は寝るだけ・・。ホントは人はそんな風に作られているんじゃないかと考えました。ワラビー(カンガルーの小さい種)も食べました。

     

続きを読む "思い出のマグとゴブレット"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.14

韓国より

今の韓国ブームとは程遠い20年以上も前に、ソウルに2年住んだことがありました。帰国の時、友人たちから頂いたもの・・。

20060311_003 ブラスの小物入れ。

              20060311_006
 韓国の伝統の色使いで、パッチワークのクッション。       

 

20060311_004_1

これも、伝統的な工芸の小物入れ。友人の使っていたもの。

  20060311_005

伝統の貝殻で装飾したお重。もともとは食卓で使うものらしい・・。

 

 


              

           

 
  
オリンピック前の、古い韓国を体験した者にとっては、今の韓流は奇妙な感じさえします。これらの友人たちは、帰国後、一人はドイツ、一人はアメリカに移住し住所すらわからない人たちですが、あの頃の思い出は、今も心に鮮やかに残っています。今日はその思い出を書く時間がないので、次の機会に・・・。  

マイ・コレクションから・・・。

                                        
                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)