« ゴスペル  What Child Is This? | トップページ | 近くで紅葉狩り »

2006.12.06

キャンディ・ケイン

J0400022             

          

            

          

           

            

 
クリスマスの時期に、こんなキャンディを見たことがあるでしょう。クリスマス・キャンディ・ケイン(Cristmas Candy Cane)と言います。

十年以上も前に、この話を聞いていて時々クリスマスの時期になって、このキャンディを見ると思い出します。 それは、あるクリスチャンのキャンディ屋さんのお話です・・・。

  

アメリカのインディアナ州に住む、あるキャンディ屋さんは、イエスの誕生、十字架など、彼の信仰の証しになるキャンディを作りたいと思いました。

彼はまず、白くて硬いキャンディを作りました。白はイエスの罪のないしるし、硬いのは岩なる方、教会の土台、揺るがない神の約束を表しています。

キャンディはJの形に作られました。それは、救い主としてこの世に来られたイエス(Jesus)を表し、迷っている子羊を見出し救出だす“羊飼い”の杖を表しています。

次に彼は、真っ白だったキャンディに三本の赤い線を入れました。それは、私たちの罪のために打たれた、打ち傷を表しています。さらに、彼は赤い太い線を入れました。私たちが永遠の命を得るために、イエスが十字架の上で流された血を表わしています。

現在では、このキャンディは、単にクリスマスの飾りとして知られるようになりました。(赤だけでなく、緑などの色も入ったキャンディなども見られるようになりました。)

しかし、これは、イエスが来られた恵みと神様の愛が表されたクリスマスの意味を思い起こさせる為に作られたものだったのです。

             by-A CANDYMAKER'S WITNESS-

 

     

|

« ゴスペル  What Child Is This? | トップページ | 近くで紅葉狩り »

コメント

Bambooさんの 聖話 おもしろい!
小泉八雲は 耳無しほういちの話を聞いて
こんなふうに 面白く感じたのかな

投稿: 空海望 | 2006.12.07 06:02

へぇ~
キャンディーケインが、羊飼いの杖をかたどっているとは聞いてましたが、そんなに深い由来があったとは!!
教えてくれてありがとうございます!
感謝をもって食べます(笑)

投稿: Jasmine | 2006.12.07 06:40

このお話、アメリカ人の宣教師の方から聞いたことがあります。でも聞いてもすぐ細かいところを忘れてしまいます(笑)
Bambooさんのお話は、いつもとってもわかりやすいです♪

投稿: カモミール | 2006.12.07 07:07

そういえば、以前Bambooさんも書いておられた
日本ハムのヒルマン監督。
彼が、ファン感謝ディーのような機会に
この「キャンディーケイン」を説明書付きで配ったそうですね
クリスマスの飾りには、どれもこれも
素敵なエピソードが潜んでいますね☆

投稿: ゆりり | 2006.12.07 08:57

キャンディーケインにこの様な意味合いが
あったとは初めて知りました。

良くリースを作るときに買ってきて
付けて飾ってましたが・・・
Bambooさんのブログでいろんな事が
分かってきて、とても勉強になります。

我が家の玄関に先日植木屋の切ったカイヅカイブキの枝でリースを作り飾りました。
一寸小物を付けて毎年この緑を利用して作って楽しんでいます。
安上がり~・・・です。

投稿: nanae,yae | 2006.12.07 17:24

名前も意味も初めて知りました
味は前から知ってたけど;笑
 
今度見かけたら
じっくり味わいそう
・・・いえいえ、bambooさんのお話を思い出します

投稿: つばさ | 2006.12.07 19:46

はじめまして!
検索でヒットしたので訪問させていただきました。
私もクリスチャンです♪

これからも遊びに来させていただきますね。
よろしくお願いします。

投稿: pm-fun | 2006.12.07 21:34

※空海望さん:

面白く感じていただいて良かったです。
耳なしほういちには
とても及びませんが光栄です。笑

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:13

※Jasmineさん:

私もこのお話を知ってから
キャンディ・ケインを食べる時に
意味を思い起こしながらいただくようになったと思います。

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:20

※カモミールさん:
私も十年以上前に、宣教師の方から
このスト-リ-の英語版をいただきました。
このキャンディ屋さんも
日本にまで広がるとは思っても見なかったでしょうね。笑

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:24

※ゆりりさん:

見ましたよー!
ヒルマン監督は、本当にイエス様のことを
日本の人たちに伝えたいんですね。

ポインセチア、キャンドル、ヒイラギ・・
いろんな意味が込められていますよね。
他のものにも機会があれば触れたいです。

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:29

※nanae,yaeさん:

nanae,yaeさんが作ったリースも
アップされているのかな・・。
後でお邪魔しますね。

家の庭から取ってきて、飾りを作る。
きっと昔は皆そんな風にしていたんでしょうね。
今は便利になりすぎて、何でも買って来れるけど、
それだけに、手作りが暖かく感じます。

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:34

※つばささん:

以前から味はご存知だったんですね。
今度は意味も知って
味わって食して頂ければ嬉しいです。笑

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:38

※pm-funさん:

はじめまして。
コメント残してくださってありがとうございます。
是非、又きてください。
私も、後でそちらにお邪魔させていただきます。

投稿: Bamboo | 2006.12.07 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴスペル  What Child Is This? | トップページ | 近くで紅葉狩り »