« 南十字星 | トップページ | 2006 Oct. »

2006.10.31

人生の監督は・・・ 

ヒルマン監督・・・野球日本シリーズに優勝した、北海道日ハムの監督。「シンジラレナ-イ!」と言う、彼の優勝決定後のコメントが有名になってしまいました。

実はヒルマン監督は、クリスチャンです。海外からの選手の中には、クリスチャン・アスリートは多くいますが、彼は自分の信仰をはっきりと言い表しているかたです。

私も宣教師の友人から、彼の事は聞いていたのですが、ハーベスト・タイムのメルマガで、ヒルマン監督が「私の信条」と言うトラクト(パンフレットとか小冊子のような物)を出していると言うことをしりました。

その中で、ヒルマン監督は、監督の仕事を説明しながら・・・

「監督にとって、自分のチームの選手たちをよく知っておくことは大切なことです。選手たちの長所、弱点、またそれぞれのポジションで彼らが最高の力を発揮できるように、どう助けたらよいかを知っておかなければなりません。

人生においては、全ての人の監督にあたるのは、全能で力強い、生きた神です。神は私たちが神との関係を持つようにと私たちを造り、私たちのことを何もかも知っています。私たちには弱いところがたくさんあるにもかかわらず、神は私たちを愛しています。

神は、2000年以上も前に、神の子であるイエス・キリストをこの世に送って、ご自分のことを私たちに知らせてくれました。それは私たちに、永遠のいのちという贈り物をただで与えるためだったのです。

神の祝福がみなさんの上にありますように。 

 トレイ・ヒルマン」

彼がクリスチャンだからといって、優勝するわけじゃありません。彼は自分の生涯に於いて、良い時も、うまく行かない時も、「人生の大監督」であるイエス・キリストの指導のもとに歩き、そして、彼を支えている神様の愛を人々と分かち合いたいという思いを持っているんですね。

読みながら、とても嬉しくなりました。

ヒルマン監督のこれからの歩みも、さらに祝福され、神様の素晴らしさが彼を通して表されますようにと祈ります。

  20061113_004                
20061113_005          

(後日証し用カードを頂いたので写真を載せておきます)         

            

私は普段、野球は見ていないので、事情を知らなかったが、10月25日の日本シリーズの様子をスポーツニュースで見ていて、日本ハムの金村投手が深々と頭を下げていたのを見て、一体何をしているのだろうと思いました。

実は9月24日にロッテとの試合に先発した金村投手は、勝ち投手の権利までアウト一つの5回2死満塁で、降板指令を受けたのです。

5年連続の2ケタ勝利目前で降ろされ、激怒した彼は、試合後ヒルマン監督を痛烈に批判しました。

翌25日、球団から罰金200万円と、出場選手登録を抹消された。彼はヒルマン監督やナインに直接謝罪をした。

10月19日、出場停止が解除され1ヶ月ぶりにチームに合流した。25日、札幌ドームで投げた時、図らずも1ヶ月前の状況と同じ5回2死3塁に・・・。

ヒルマン監督はマウンドに向かった。そして「お前の試合だ」と任された。処分解除を球団に一番主張したのが監督であっただけに、「恩返しがしたかった」と、金村投手は渾身の力で投げた。そして福留選手を空振りの三振にしとめた。

友人の話だと、テレビでのインタビューで、質問がその問題に触れた時、彼は「It's all in God's hands.」と答えていたが、日本語には訳されていなかったとのことでした。

ヒルマン監督の証し用のカードには・・・

「神は私たちが完全でないことを知っています。私自身、完全には遠く及びません。・・・神は許す神です。」ともあります。

自分が完全には程遠いものであること、ただ恵みによって許されている者であることを知っているからこそ、人の間違いも許すことが出来るのですね。

ヒルマン監督と抱き合った金村投手の目には涙がにじんでいた。

わたしはあなたがたのために

立てている計画をよく知っているからだ。

――主の御告げ。――

それはわざわいではなくて、

平安を与える計画であり、

あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

  
  エレミヤ29:11 

          

|

« 南十字星 | トップページ | 2006 Oct. »

コメント

神さまが私の監督でいてくださる!
なんと心強いことでしょう^^

投稿: Jasmine | 2006.10.31 07:51

信じるもの
やはりこれがないと人は生きていけない
無宗教だから・・・なんて言う人は多いけれど
いざという時は
誰しも 神様 仏様~
ですものね
 
心にあるだけかもしれませんが
それこそが一番大事なのかもしれませんね

投稿: つばさ | 2006.10.31 19:30

昨年の暮に息子の仲間のお母さん達と、親子連れで横浜みなとみらい、中華街、そして夜にはお台場で「クルージング・クリスマスイルミネーション見物」というツアーに参加しまして、その時にランドマークタワーも見て来ました。

横浜って・・・やはり異国情緒たっぷりの素敵な街ですね!又いつか訪れたいと思います。

投稿: mokoママ | 2006.10.31 22:54

※Jasmineさん:

私の弱さも力も全て理解してくださっている神さまが監督で、
私が本当に生かされる方法もご存知なんですね。
失敗したり、転んだりしても、
私をあきらめないで
そこで用いてくださるんですね。
神さまが人生の監督であると言うことは
何と嬉しいことでしょう。

投稿: Bamboo | 2006.10.31 23:43

※つばささん:

人は皆、何か揺るがないもの
よりどころをもって
又は探して、生きていると思います。
それがなんであるかは
人によって違うでしょうけど・・。

何があっても支えられると信じられることは
感謝な事です。


投稿: Bamboo | 2006.11.01 00:12

※mokoままさん:

良いですね~。
息子さんと「クリスマス・クルージング」ですか?
実は私クリスマス・イルミネーションってあまり見ていないんです。
一度見に行きたいです・・。

みなとみらいはいつ行っても楽しめます。
友人とか来た時に案内することが多くて、
自分で行くことはあまりないんです。笑

投稿: Bamboo | 2006.11.01 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南十字星 | トップページ | 2006 Oct. »