« お祈りする時は目を閉じるの? | トップページ | 山口へ (2) »

2006.10.07

山口へ (1)

6月末、ご主人の転勤で姪の家族が引っ越した先は山口でした。

以前から萩や津和野は歴史的に興味を持っていたのですが、姪達の引越しで、いろいろ山口について調べると、さらに興味が沸いてきて、姉と旅行がてら彼らの所に行きましょうと話していました。

引っ越して3ヶ月過ぎて、少しは場所に慣れ、落ち着いてきているかなと思い、又、姉達のスケジュールもあったので、今回行くことになりました。

姉のご主人も一緒に行くことになり、彼らの家に泊まるのは狭すぎるので、歩いて五分くらいの所のホテルに泊まることにして、私は羽田から、姉達は奈良から車で・・・、二日の午後に山口で合流しました。

朝、地下鉄の始発に乗り、雨の中羽田に向かいました。朝早かったので、ラッシュアワーに遭遇することもなく、快適に空港に着き、目的地の山口宇部空港に到着。

羽田を出る時は、暗い空でしたが、雲を突き抜けて行くと、其処には気持ちの良い秋の空が広がっていました。

私は飛行機から雲海を下に見るのが大好き・・・。どんなに雨が降っていても、雲の上はいつも青空。雲って太陽が見えないことがあっても、それは存在する・・。

  
2006100206_009_2   水の上ならぬ、雲の上を歩く生活で生きて行きたいな・・・。

※ペテロと言うイエスの弟子の一人が湖で水の上を歩き出すが、イエスから目を離し、波を見て恐くなったので沈み、溺れそうになったと言う記事がある。

        

       

 

          

       

山口の道路は広い・・・。いや、広いのではなく車が少ない。「たぬきに注意」の看板に、思わず笑ってしまった。

後で聞いたところでは、やはり「山口の道路はりっぱです。新幹線の駅も、新岩国、徳山、新山口、厚狭、下関と5つもある。」と言うことでした。これも、多くの大物政治家の力でしょうか・・・。

この日は、姪が山口市内を案内してくれた。

国宝の瑠璃光寺五重の塔・・・室町中期の建築。

 
2006100206_007_2     

                

 

 

   

          

 

        

      

   
                 

山口市菜香亭・・・伊藤博文や井上馨、山県有朋など著名な政治家達が利用した料亭を移築保存したもの。大広間には彼らの扁額がかけられている。

2006100206_015_1                

    

      

 

 

    

                

   

明治維新の三傑の一人、木戸孝允の扁額・・・「きよきこと水のごとく、たいらかなることはかりのごとし」

  
2006100206_017      

    

    

    

  

  

    

   

西郷隆盛の甥、従徳の額。「天を敬い、人を愛す」西郷隆盛が好んだ言葉だったとか・・。彼の『南洲翁遺訓』には、「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也」とある。

 
説明を聞きながら、明治維新の雰囲気に浸ったひと時でした。

朝早かったのと、子供達とテンション高く遊んだので、夜は爆睡・・。

             

      
  
 

|

« お祈りする時は目を閉じるの? | トップページ | 山口へ (2) »

コメント

bambooさんおかえりなさ~い。

楽しいご旅行だったのですね。
私ツアーで山口には行きましたが、やはり現地の(姪さん)案内では行く場所がちがいますね。
そこが個人旅行の良いところですね。

これから一杯写真のお土産楽しみにお待ちしてます。

投稿: nanae,yae | 2006.10.07 16:46

Bambooさん 待ってました。
Bambooさん山口に行っても見方が違うような。
「たぬきに注意」の看板は我が町も…
「まむし注意」もございます。
山口の道路 へそ曲がりの空海望には
歩行者が地下道だったり歩道橋だったり
車が潜ったり、飛び上がったりならいいけど。
歩行者に優しくないと思いました。
ところで まだまだじっくりと
良いところがこれから伺えそうな。
非公開? メールアドレスもありますから
松下村塾のメンバーが使った料亭?

投稿: 空海望 | 2006.10.07 19:30

Bambooさんお帰りなさ~い!
皆さん首を長~くして待っていましたよ!

そうそう姪御さんのお引越し先は山口でしたね!可愛がられていた姪御さんのお子さん達もさぞ喜ばれた事でしょう!

山口と言えば・・・有名な萩の「萩焼」がありますが、あの何ともいえない温かみのある器は私も大好きで以前買い求めました。

私の知らない素敵な所がまだまだありそうですね!

投稿: mokoママ | 2006.10.07 20:32

お帰りなさい
 
私は福岡なので
結構近づきましたね;笑
 
旅行には良い季節だったのでは?
私も萩に行ってみたいな~
近いのに;苦笑
 
続きも楽しみです☆

投稿: つばさ | 2006.10.07 21:11

※nanae,yaeさん:

早速のコメントありがとうございます。
忙しかった(私ではなく姪が・・)けれど、
楽しい旅行でした。

扁額をアップする時、nanae,yaeさんの
作品を思い出していました。
きっと興味を持ってご覧になったのではないかしら。

投稿: Bamboo | 2006.10.07 22:18

※空海望さん:

空海望さんもおかえりなさい。
楽しい時を持たれたようですね。
そちらでも「たぬきに注意」はあるんですね・・。
横浜でも、あまり手が付けられていない地区で
たぬきが出たと新聞で見たことがありますが
「注意」とまでは無いようです。笑

松下村塾の人たちの扁額もありましたが、
歴代の総理や大臣などが多く、
新しい物は、佐藤栄作、田中角栄、竹下登氏などの物もありました。

投稿: Bamboo | 2006.10.07 22:31

※mokoママさん:

PC(ノート)を持って行こうかと思いましたが、
やめて正解でした。
PCの前に座っている時間はありませんでした。笑

私も萩焼の、あの柔らかな色、大好きです。
マグカップを記念に買いました。


投稿: Bamboo | 2006.10.07 22:39

※つばささん:

すぐ近くなのに、なかなか行けない事
ありますよね。
福岡も良い所ですが、
萩は歴史的にもとても面白い場所です。
これから一番良い季節ですね。
是非行ってみてください。

それとお魚もとても美味しかったです。
(つばささんはお魚苦手でしたね。笑)

投稿: Bamboo | 2006.10.07 22:45

良いご旅行だったようですね
萩・津和野には15年くらい前に行ったことがあります
クリスチャンゆかりのものが、結構たくさんありますよね☆
そういった場所もこれから紹介されるのかしら?
続きが楽しみです☆☆☆

投稿: ゆりり | 2006.10.07 22:50

おかえりなさい!
山口に行かれたのですか~
こんなに自然や文化がいっぱいあるのはうらやましい限りです!
いいな~

旅行記の続きも楽しみにしてますね♪

投稿: Jasmine | 2006.10.08 07:46

※ゆりりさん:

今回は其々の都合があって
津和野までは行けませんでした。
クリスチャン関連の遺跡も多いので、
興味もあり、調べてみたいです。

次回又来れるように、残しておいて・・
と言うことでした。

投稿: Bamboo | 2006.10.08 18:08

※Jasmineさん:

歴史的にはとても面白く
多くの映画、ドラマ、小説などで取り上げられている理由がわかります。

そして多くの自然が残っており、
姪に「一年分の緑を見たでしょ。」
と言われました。笑

投稿: Bamboo | 2006.10.08 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お祈りする時は目を閉じるの? | トップページ | 山口へ (2) »