« 山口へ (1) | トップページ | 山口へ (3) »

2006.10.08

山口へ (2)

山口二日目は、姪の家から歩いて行ける所にある公園の遊園地から始まった。同じ事を何度も何度も繰り返す・・・。それでも、厭きる様子もなくさらに繰り返す・・・。私も、これくらい熱中して遊びたいものだ・・・。笑

午前中は、姪の用事があったので、子供達を連れてザビエル記念聖堂を訪れた。この建物自体は新しく、1998年に完成したもの。

フランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教の宣教に訪れた時、最初に布教許可を出したのが、山口の大内義隆だった。ザビエルは平戸、山口、京都などに滞在した。

ザビエル自身は、1549年から1551年までの2年ほどしか滞在していないけれども、最初の宣教師と言うことで、ここから日本のキリスト教の一歩が始まった記念の聖堂。

最近読んだ本は、「キリストの福音は景教を通して、もっと以前に日本に伝わっている可能性がある。」と言っていたけど・・・。

  
2006100206_021    

       

 

  

    

   

  

この日は、写真手前の芝生で、幼稚園の子供達が運動会の練習をしていた。資料館に向かう私達に、「めっちゃ暑いわ~!」と叫んでいた・・。

資料館に入ってしばらくして厭きてきた子供達は、「も~いいかい!」「ま~だだよ!」と・・。こちらでも運動会が始まりそうだったので、急いで見終えて出てきました。   

           

秋吉台、秋芳洞までは車で45分くらい。姪の用事が終わって2時半頃出発しても充分間に合う・・・。信号が殆んど無い・・・。

説明によると、太古、海底にあった珊瑚礁が地殻変動によって、地上に現れ、さらに珊瑚礁は石灰岩となり、気の遠くなるような年月を経て、雨に溶かされ今のような風景を作り出した。

観光コースは片道1km・・。でも、反対側の出口からの交通手段は無い。土日のみバスが出ているとの事。三人の子供たちも、往復、頑張って歩いた。

途中、誰が説明のテープのボタンを押すか、競い合って(というか、喧嘩して)いたので、ひとつのボタンを押すと、説明もちゃんと聞かずに(聞くのは私達・・)、次のボタンに急いだ・・・。先を越された妹は怒って泣く・・。おかげで、早く着きました。笑

 
百枚皿・・・水に溶けた石灰分が沈積して、お皿のような形になったもの。

  
2006100206_047   

   

     

 

  

 

  
                

黄金柱・・・高校の時、修学旅行で来て、ここで集合写真を取った記憶が・・・。写真の下のほうの人影で、この柱の大きいことがわかる。
   
 2006100206_049_1                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
鍾乳洞から勢い良く流れ出てくる水・・・水の一滴にそんな力があるなんて、とても考えられないし、目には見えない。でも確かに、今も時間をかけてこの風景を変えつつあるのだ。継続の力って凄い・・!

 
2006100206_048

         

 

 

  

        

    

         

|

« 山口へ (1) | トップページ | 山口へ (3) »

コメント

いつも感心させられるのですが・・・自然の力って本当に凄い!の一言です。

鐘乳洞は・・・広さでは沖縄の「玉泉洞」がもの凄かったのですが、ここのも又感動ですね!あの洞の中から湧き出る水の色は・・・透き通るような「エメラルドグリーン」とても神秘的な色でしたね!
山口にも色々なスポットがあるのですねぇ~。行けなくともこうしてBlogで素敵な所を見せて戴く事が出来る・・・なんて素敵なことでしょう!

投稿: mokoママ | 2006.10.08 21:35

これって自然に出来たものなんですよね~~
人間の建築物にはない色合いだったり形だったり、ホントすごい!
神さまって芸術家ですよね♪

投稿: Jasmine | 2006.10.09 08:04

鍾乳洞って経験ないです
行ってみたいな~
 
あの継続・・・
私も身につけられたらいいのに
なんて思っちゃいました
 
しかし、子供さんのパワーは凄いですね;笑

投稿: つばさ | 2006.10.09 18:42

※mokoママさん:

沖縄のも見てみたいです。
ここは修学旅行で来たことがあります。
でも、今回の方が感動があったように思います。
自然の素晴らしさを見るとき
偉大な力を感じます。

私もmokoママさんや皆さんのブログで
いろんな所を見せていただいて嬉しいです。

投稿: Bamboo | 2006.10.10 00:12

※Jasmineさん:

本当にそうですね。
素晴らしい自然の作品は
どんな芸術家も作れないでしょうね。

神さまが造られた美しい自然は、
いつまでも大切にして行きたいですね。

投稿: Bamboo | 2006.10.10 00:20

※つばささん:

福岡からは日帰りでも行けますよ。

今日のようなインスタント時代とは
逆行するような長い時の流れの中で
造られた鍾乳洞は継続の力を教えてくれました。

子供達は本当に元気でした。
おかげでこの日も夜は爆睡。笑

投稿: Bamboo | 2006.10.10 00:29

本当に子供達のエネルギーたるや凄いですね
良く姉に見ているだけで疲れると言われましたよ。

私も山口に行ったとき鍾乳洞みて感動しました。なが~い時を経て作り出す自然の造形美の素晴らしさに・・・そして今もぽたぽたと歴史を刻んでいく・神秘そのものですね。

本当に反対側は何もなくただ広ろい記憶でした。

投稿: nanae,yae | 2006.10.10 20:28

「ザビエル記念聖堂」
私が訪れた時と建物が違うので
あれ?と思ったら、火事で焼失したんでしたね
立派に再建されて、よかったです
秋芳洞を出て、秋吉台の風景を見た時は
ここが日本だと思えなかったです。
自然の大きさに圧倒されました。

投稿: ゆりり | 2006.10.10 23:32

※nanae,yaeさん:

nanae,yaeさんもお孫さんと
よく一緒に過ごされますから
ご存知ですよね。
あの運動量にはただただ関心・・・。

壊すのは一瞬で、出来ますが
作る為には、気の遠くなるような
年月がかかっているんですよね。
そして今も刻み続けている・・。
凄いことですね。

投稿: Bamboo | 2006.10.11 00:21

※ゆりりさん:

そうなんです。1998年に新しく建てられたものです。
町には教会の鐘が良く聞こえます。

秋吉台へ向かう道・・
坂になっている道を上がりきると
急に秋吉台地が目の前に開かれて
皆、「わー!」と歓声をあげました。
ほんとに日本じゃないみたいですよね。

投稿: Bamboo | 2006.10.11 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山口へ (1) | トップページ | 山口へ (3) »