« IKEA & 京都の友人 | トップページ | 姉とお揃いです »

2006.09.25

違いは違うってことだけ

ハワイの友人の所に行った時、ある晩、友人の家族が一緒にコメディ・ショーに連れて行ってくれた。名前は覚えていないけれど、地元ではわりと有名なコメディアンらしい・・。

その時の彼のネタは、ハワイに住むいろいろな国から来た人々の習慣の違いについてでした。日本、韓国、中国、フィリピン・・etc.。

他の国の事はあまり覚えていないのですが、日本人の団体旅行者の様子、ガイドさんの旗、眼鏡とカメラ・・・。笑うときに口元に手を当てる習慣。他にも、ちょっと、ここでは書けない行動・・。

もう、苦笑いするしかないって感じでした。

 Ph01216j

  

 

 

 

            
         
       

それを見ながら、思ったことは、アメリカの習慣は其処では披露されませんでした。自分達の事は見えにくいのか、当たり前の習慣だからネタにはならないのだろうか・・。

もうひとつは、「これって悪いことなの?」と言う問いでした。この時のコメディアンも、これを否定的に捕らえてきたわけでなく、違いを面白く表現していただけです。お笑いの人たちが、日常の生活を面白くコントで表すのと同じです。

中には、人に迷惑をかける行動もありますから、変えていく必要があるものもあるでしょうが、手を口元に当てて笑う日本の習慣、韓国語の強いngの破裂音、(これは覚えていました)などは、悪いことでも何でもない・・。

ただ、違うだけなのだ。

以前、韓国にいた時にも、パキスタンのルームメイトとの生活で葛藤があった。しかし、違いは悪いことではなく、ただ違うだけなのだと理解した時、とても楽になりました。

相手の行動や、何故そうするのかを全て理解することは出来ないかもしれないし、多分自分は同じようにはしないだろう・・・。しかし、自分と同じ考えでない相手が悪いのではなく、ただ違うだけなのです。

 
逆に、外国人なら違って当たり前と受け入れることができても、日本人同士では違いが受け入れられないと言うことも起ることもあるようです。私は基本的には、外国人でも日本人でも同じと思っています。違う意見があって当然で、それを正しく議論する時、さらにより良いものが生まれてくると思うのです。

ただ、自分も含めて多くの日本人は議論が上手じゃないように思う時があります。だから事柄に対する意見交換じゃなくて、相手を否定してしまうようなことにもなってしまう。

私のブログ仲間の皆さんから、はいつも励ましや参考になるコメントを頂いて、とても有難く思っています。

以前、アメリカの子供達(小学校低学年だったように記憶しています)に、「xxxをどう思うか」と言う質問に、次々と I think・・・と、自分の意見を普通に語っていたのをテレビで見たことがあります。

意見交換を上手に出来るようになりたいものです・・。

 
J0182854  

 

 

  

     

 

 

                  
 私の口のことばと、私の心の思いとが

 御前に、受け入れられますように。

 わが岩、わが贖い主、主よ。

    詩篇19:14

    

         

|

« IKEA & 京都の友人 | トップページ | 姉とお揃いです »

コメント

 悪い癖。でもないのでしょうが、私も沢山指摘されます。
外国人じゃありませんが。いま、何を指摘されたんだっけ!…すると何も思い出せません。
何度言われても忘れてしまうように聞いていたから耐えられたのでしょうか。
魯迅の訴えのように日本に留学して帰った時、いわゆる豚のしっぽを切って帰ったため、魂を売り渡した だのと、ののしられた。と言った記述をどこかで。
 伝統のしきたりのようなものも色々あるのでしょうね!
イスラムの世界の人も他から見ると作業の途中でもお祈りに入ってしまう。
向こうから見たら中断すればよい作業のためにお祈りをしないなんて考えられないのかも。

投稿: 空海望 | 2006.09.26 05:38

「違うこと」は「悪いこと」じゃない
本当にそう思います!
みんながもっともっとそのことを本気で受け止めて、そう考えていけたなら、もう少し生きやすい社会になるんじゃないかな~と思ったりもします。

投稿: Jasmine | 2006.09.26 10:31

※空海望さん:

何故指摘されているのか、
分からなければ、変えようがありませんね。それを気にしすぎると、
心が病んでしまう事もあるでしょう。
忘れる事で、心が守られる事もあると思います。

神さま・・・私に
変えることのできないことを
受け入れる心と、
変えることのできることを(変えなければならないことを)
変える勇気を与えてください。
そして、
それらを識別する知恵を
与えてください。

ラインホールド・ニーバー

これは私の祈りでもあります。


投稿: Bamboo | 2006.09.26 12:34

※Jasimeさん:

Jasmineさんはいつも子供達の心と関わる仕事なので
現場で多くのことに出会われることでしょうね。
違いを拒絶することも、
違いを責任の伴わない自由と曲解すること。どちらも起り得ることです。
正しい識別力、バランスが必要ですよね。

投稿: Bamboo | 2006.09.26 12:51

Bambooさん こんにちは!
私も人間が生きて行くうえで「違い」って決して悪い事ではないと思います。環境、性格、習慣・・・それらの違いをお互いに認め合う事が出来たら、もっともっと穏やかで幸せな世の中になれるのに・・・。

悲しいかな、それが出来ないのが人間なのでしょうか?やはり、もっと変える勇気を一人ひとりが持つ事が大事なのでしょうね!私自身の課題でもあります。

※「SMAP」のヒット曲「ひとつだけの花」「♪一人ひとり違った種を持つ・・・♪」
「一生懸命咲けばいい・・・♪」
違いって・・・いいですね?

投稿: mokoママ | 2006.09.26 16:47

Bambooさんすみません!・・・SMAPの曲名は「世界にひとつだけの花」でした。またやってしまいました。(笑)

投稿: mokoママ | 2006.09.26 18:15

皆 同じ魂なんだと
上原先生にお聞きしました
 
自分と違うと
そこが目に付いて
非難したり怒ってみたり
自分と同じになれーーーッって;苦笑
私は人に対して酷なことをしようとしてるんだなと気付かせてもらいました
 
違いがあってこそ、交流も楽しいはず
人を認める
その人の特徴なんだと思うと
不思議と腹もたてる必要もない
川島先生の教え、上原先生のご指導があるからこそ日々実践できる事☆☆☆
 
ホームステイした時
家族が子供に読み聞かせていた絵本
これは東京の話だよって
 
ソーセージを持ったネズミが列車に乗り込み
降りる頃になると びろ~んって長く伸びてるって内容でした
通勤ラッシュ?!
思わず笑っちゃいました

投稿: つばさ | 2006.09.26 19:41

※mokoママさん:

私も「世界でひとつだけの花」は大好きな歌のひとつです。
たくさんの人がこの歌で励まされたことと思います。

お互い違いを認め、楽しめるようになりたいですね。

投稿: Bamboo | 2006.09.26 22:24

※つばささん:

意見、行動は異なるけれども
皆、同じように尊い存在ですよね。

「自分と同じになれ!」って言っているかと思うと
いかに変なこと言ってるかわかりやすいですね。
良いお友達がいて、
いろいろ気付かせてくれること感謝ですね。

投稿: Bamboo | 2006.09.26 22:34

PS ※つばささん:

又、書き忘れました。
東京の通勤ラッシュ・・・。
彼らから見たら不思議なんでしょうね。

私はトルコのイスタンブールの本屋さんで
「ganguro girls ](顔黒ガールズ)という写真集を見つけて、
苦笑いしてしまいました。

投稿: Bamboo | 2006.09.26 23:28

私は自分は人との違いを認めていきながらやっていけると思っていました。でも、身近な職場の中でさえ、考え方の違う人たちとうまくやっていくのは難しいなと実感しています。今の私の課題でもあります。

投稿: Joy | 2006.09.27 15:08

>事柄に対する意見交換じゃなくて、相手を否定してしまうようなことにもなってしまう。

それ、すごく感じます。
議論がいつの間にか個人攻撃なることあります
受け止める方も、自分の人格が否定されたと思ってしまったり
議論するのも訓練が必要なことなんですねぇ
商品やサービスに対する苦情を言うつもりが
対応している個人への攻撃に摩り替わりそうになることもある
キチンと意見を言って、意見を聞いて
お互いに歩み寄れる部分で歩み寄れる関係が
理想だと思います。
あぁ~~っ、それが難しい…★

投稿: ゆりり | 2006.09.27 17:27

※Joyさん:

身近な間ほど、こじれると難しいのかもしれませんね。
Joyさんだけじゃなく、皆、持ってる課題です。
生きていると、常に出会うことですね。
でも、その努力は決して無駄にはならないと信じています。

投稿: Bamboo | 2006.09.27 21:32

※ゆりりさん:

Keep the truck・・問題から外れないこと。
I・・で話すこと。と教わりました。

理屈ではわかっていても、
感情的になると全然違う方向に
行ってしまうことが多いですよね。
そして、相手を攻撃してしまう・・・。
また、逆にそれが嫌で、沈黙する・・。

学校などでも、小さい頃から
議論の訓練って、本当に必要と思います。

投稿: Bamboo | 2006.09.27 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IKEA & 京都の友人 | トップページ | 姉とお揃いです »