« 2006 August | トップページ | 夕焼けに魅せられて »

2006.09.01

友人からの電話は・・

本当に久しぶりでした。彼女のご主人が天に召されたとの事でした。

詳しくは書けないけれど、彼女はこのご主人のことで泣く事がよくあった。

3年前、彼はクリスチャンになり、その後は彼女と一緒に日曜日は教会へ通うようになった。

ニコニコして教会の人たちに挨拶するご主人を、皆は「良いご主人ね~。」と言ってくれたそうだ・・。

それを聞いて彼女は、「も~って、悔しくなる時もあるのよ・・。」と笑いながら言う・・。

私達はもう10年以上も、会っていないけれど、ご主人が洗礼を受ける時や、娘さんが結婚する時など、折にふれ連絡が来ていた。

ご主人が亡くなった事は本当に残念ですが、何度も何度も、もうダメかも知れないという所を通り、心の準備は出来ていたようだ・・・。彼女は自分の事をわかっていてくれてる人に話せて、気持が楽になったと言ってくれた。

ご主人の事で、苦労が多かった彼女だったが、彼がクリスチャンになってから亡くなるまでの3年間、一緒に礼拝したり、祈ったりしたことは、彼女にとって大きな宝物になったに違いない。

最後に電話で一緒に、神さまの慰めが彼女とご家族の上にあるようにと祈り、受話器を置いた・・・。

 
Phzot008_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

どうか、望みの神が、

信仰から来るあらゆる喜びと平安とを、あなたがたに満たし、

聖霊の力によって、

あなたがたを、望みにあふれさせて下さるように。

 
     ローマ15:13

             

 

|

« 2006 August | トップページ | 夕焼けに魅せられて »

コメント

bamboo-shooさま
友人の方お気の毒でしたね。お悔やみ申しあげます。

子供達が巣立ってしまい共に過ごしたご主人が亡くなり一人になった時、初めて孤独感を味あわねばなりませんね。
若い時の苦労は忘れてご主人がクリスチャンになって過ごした3年間はきっと楽しい思い出に変わると思います。

友人のかたも何でも言える友をもち幸せですね。
1年間は精神的に支えてあげて下さい。

投稿: nanae,yae | 2006.09.02 15:09

※nanae,yaeさん:(私もさん付けでお願いします。)
コメントありがとうございます。
本当の寂しさを感じるのは
少し落ち着いてからと思います。

でも、お嬢さんの出産やいろいろ
重なっているようで忙しくなりそうです。
初孫さんの世話を楽しめるように
そして健康が支えられるようにと祈ります。

投稿: Bamboo | 2006.09.02 18:26

※nanae,yaeさん
ダブったコメントは削除しておきました。
私も時々します。><;

投稿: Bamboo | 2006.09.02 18:30

お悔やみ申し上げます
 
人は痛みや苦しみがあるからこそ
人の それも理解できるんだと
嬉しさ、楽しさばかりではない
人生には様々な事がありますよね
そういった事を自分でどのように感じて前へ進んでいくか
 
彼女はこれからも大きな宝を見つけて行ける
そんな気がします

投稿: つばさ | 2006.09.03 16:39

※つばささん:
私達の人生は
ある意味、これらの試練、問題を
いかに超えていくかと言うことかもしれません。
彼女は「自分はまだ生かされて、
するべきことがあるのでしょう。」
とも言っていました。
天国でご主人と再び会う時まで
沢山の宝を見つけると同時に、
沢山の慰め、喜びを受け取っていって欲しいです。

投稿: Bamboo | 2006.09.03 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006 August | トップページ | 夕焼けに魅せられて »