« 上高地散策 (2) | トップページ | 2006 August »

2006.08.31

Song of Solomon

香水はあまり使わない方ですが、オーデコロンをいくつか持っています。時々気が向いた時にその時の気分に合わせてつけることがあります。

今日はSong of  Solomon  (ソロモンの歌=雅歌)と言うオイルを付けたくなって、少しだけ付けました。頂いたもので何なんですが、高価なオーデコロンではないと思います。昔の柑橘類系の香りです・・。

アメリカの友人の所へ行った時に、イスラエルのプレーヤーショール(イスラエルの人たちが祈る時に頭にかぶるショール)や、神殿で使ったと同じ分量の油 Temple Oil 等と一緒に、いただいた物。

2006807_001_5 聖書の中で雅歌は、ソロモンが書いたものとされています。

男女の愛のように書かれていますが、神様とイスラエルの関係・・さらに私達と神様の関係を表しています。

神さまは私達を愛している。その愛がいかに深いかを現している・・。

旧約聖書では油を付けることは、喜びのしるし,職への任命等・・として出てきます。

 

       シオンの悲しむ者たちに、

       灰の代わりに頭の飾りを、

      悲しみの代わりに喜びの油を、

憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるためである。

彼らは、義の樫の木、栄光を現わす主の植木と呼ばれよう。

           イザヤ61:3
  

    To console those who mourn in Zion,

      To give them beauty for ashes,

       The oil of joy for mourning,

 The garment of praise for the spirit of heaviness;

  That they may be called trees of righteousness,

 The planting of the Lord, that He may be glorified."

 
             Isa,61:3

 
 

        

|

« 上高地散策 (2) | トップページ | 2006 August »

コメント

 洗礼はいつ受けられたのですか? 聖書のことを本当に深く理解していらっしゃいますが、どのように学んでいらしゃっるのでしょうか? しかも、英語の聖書も読んでおられるところをみると、ひょっとしてヘブル語やギリシャ語もマスターしていらっしゃるのでしょうか? 

投稿: シャローム | 2006.09.01 14:19

香りも重要ですよね
気分が変わります
喜びの油ってステキ☆
 
大学の教授(男)に
いつも香りを漂わせている人がいて
先生、何の香水ですか?
と聞いたところ
香水じゃないんだよね
  オーデコロンなんだよね
 
・・・って 
いやいや香りが何か知りたいんだけど;苦笑
 
オーデコロン の思い出?!です
あまり好きな香りじゃなかった・・・

投稿: つばさ | 2006.09.01 20:47

※シャロームさん:
そう言ってくださって恐縮しますが、
ありがとうございます。

洗礼を受けて30年になります。
ギリシャ語、ヘブル語はかじっただけで、
マスターはしていません。笑

シャロームさんは
いつクリスチャンになられたんですか?

投稿: Bamboo | 2006.09.01 22:03

※つばささん:
アハハ・・。
香りって難しいこともありますよね。
あまり好きじゃない香りや強すぎるものは
頭が痛くなることもありますからね・・。

喜びの油・・素敵な言葉ですよね。
新約聖書では喜びは
聖霊(神さまの霊)の実で、
神さまによって与えられると言っています。

投稿: Bamboo | 2006.09.01 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上高地散策 (2) | トップページ | 2006 August »