« 八月のカレンダー | トップページ | ITについていけない二人 »

2006.08.03

トトロと寿司

コレクションと言うわけではないが、コルクボードに刺さっているピンが、私のお気に入りのひとつ。

2006802_001_32006802_001
  

 

 

 

 

 

トトロのとぼけた表情、ぽっちゃりお腹が、なんともかわいらしい・・・。このおとぼけ顔といい、体型といい、私に似ているかも・・・。

似てるから、トトロが好きな訳ではありません。キャラクターも可愛いですが、「となりのトトロ」を見て感じたことは、大人になっていく中で、失っていくものがある。現実を知ることの大切さ故に、見えなくなってしまうものがある。でも、子供たちにはそれが見えるのだ。

子供にしか見えないもの・・。それは、目で見るのではなくて、心で見るものだからかな・・。そんな心をいつまでも持ちたいなって・・・、トトロをみた時感じた事を覚えています。

きっと宮崎監督の心に、子供のような部分があるからなのだろうか・・。「風の谷のナウシカ」も好きな作品です。

お寿司のピンは、お・ま・けです。以前、オーストラリアに旅行した時、友人に持っていくお土産を探していた時見つけました。

       
2006802_001_4  可愛かったので、自分用にも買ってしまいました。

最近はピンではなく、マグネットになっているようです。

 

 

 

                         

|

« 八月のカレンダー | トップページ | ITについていけない二人 »

コメント

 確かに私たちは、大人になっていく過程で子供のときに持っていた感受性を失っていくのだと思います。
 『風の谷のナウシカ』は、私も好きな作品です。自然と人間の関係について、深いところから問いかけてくるアニメーションだと思います。計り知れない自然の摂理を、この作品は描いている気がします。
 この摂理をつかさどっているのは、神さまですね。

投稿: シャローム | 2006.08.04 03:15

風の谷のナウシカは小学生の時、映画館に見に行きました。はまってしまって、本や雑誌なども買ってました。懐かしい思い出です。

投稿: Joy | 2006.08.04 13:22

私も宮崎作品好きですヨ
 
いっぱい笑ったり、感動したり
考えさせられたり・・・
いろんな事がつまってますよね
 
アニメは子供のもの
こう感じられていた時代から
今や日本アニメーションは世界のトップですもんね
 
本当に大切な物
純粋な目
いくつになっても 子供のように素直に感じたいもの
 
今の季節
大きな雲を見ると ラピュタを想像します
 
トトロみたいなんですか、体型?!
温かみは トトロだと思います

投稿: つばさ | 2006.08.04 20:37

※シャロームさん:
又来てくださってありがとうございます。
宮崎作品はファンが多いですね。
そして、いろいろ心に問いかけてくるものを
持っている作品が多いと思います。

開発したつもりが自然を壊し、
その結果、動物も人も苦しんでいる。
聖書で神さまが「治めよ」と言われたのは、
自分の思い通りに扱うことではなく
ケアし、共存することを教えていると思います。
でも、悲しいかな人は先を見ることが
難しいですから、今のような結果を招いているんですね。
「ナウシカ」はとても重い課題を投げかけていますね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.08.04 22:41

※Joyさん:
Joyさんも宮崎ファンでしたか・。^^
小学生はあれを見てどんなことを考えるのかな。
結構、ヘビーな内容ですが、
子供の受け取り方は
また、違うんでしょうね~。
トトロのメイちゃんだったら
どんなこと感じるのかな・・?

投稿: Bamboo-shoot | 2006.08.04 22:46

※つばささん
ここにも宮崎ファンがいましたね。^^
ほんとに、彼の作品は
只考えさせられるだけではなく
いっぱい笑いと感動が詰まってますよね。
だから大人から子供まで楽しめるんですね。

トトロのようになりつつある・・
体型の話はチョット置いておいて
(自分で言い出したくせにスミマセン)
心は太っ腹になりたいです~。笑

投稿: Bamboo-shoot | 2006.08.04 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八月のカレンダー | トップページ | ITについていけない二人 »