« 雨の三渓園 | トップページ | さようならは新しい出発 »

2006.07.08

活水・渇水

私がクリスチャンになったのは、名古屋の教会。その教会の通り沿いの壁に、聖書のストーリーを描いた鉄製の絵が飾られていた・・。

先日、教会の30周年の記念誌と手作りの絵が送られて来た。

200676k_001_1 B5サイズの額に入ったもの・・・。実際はラインの部分が鉄の線で描かれていて、色はついていない。

私は、この絵が好きだった・・。

 

 

 

イエスは答えて言われた。

「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。

しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、

決して渇くことがありません。

わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、

永遠のいのちへの水がわき出ます。」  

             ヨハネ4:13,14

 

Jesus answered and said to her,

"Whoever drinks of this water will thirst again

,but whoever drinks of the water

that I shall give him will never thirst.

But the water that I shall give him

will become in him a fountain of water

springing up into everlasting life."  

               John.4:13,14
 

イエスが、サマリヤ地方のスカルの井戸で、水を汲みに来た女性に語った言葉です。彼女はその活ける水を私にくださいとイエスに求めた。その心の渇き・・活ける水に対する渇き・・・。

私もその渇きをもって、30年前この教会の門をくぐった・・・。聖書は信じたら何も問題がなくなることは約束していない。しかし、常にともにいて私を励まし、必ず超えていけることを約束している。

私のうちに与えられた活ける水は、今も枯れることなく私を潤してくれる。

J0201746

       

|

« 雨の三渓園 | トップページ | さようならは新しい出発 »

コメント

普段忘れがちですが
常に たくさん与えられて生かされているんですよね
 
信じるものがある
こんなに心強いものはありませんね

投稿: つばさ | 2006.07.08 21:32

つばささん:

コメントありがとう!
普段、あたりまえと思って過ごしてしまう事が多いですが、
与えられている恵みを感謝することと同時に、
新しい領域にチャレンジする
健康な意味での心の渇きは
常にもっていきたいですね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.07.09 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の三渓園 | トップページ | さようならは新しい出発 »