«  芽が出てきました・・ | トップページ | 私の好きな場所 (2) »

2006.06.14

ついに転勤が・・・

ついに転勤が決まりました・・・。と言っても私のではなく、姪のご主人のこと。転勤が多い職場なので、毎年、この時期になると「今年はあるかも知れない・・。」と思いつつ過ごしていたようですが、今回は現実になりそうです。

姪が結婚して横浜に住むようになり、時々会うようになりました。彼女が妊娠した時、双子で、それも危険な状態が続いていたので、早めに市民病院に入院しました。

丁度4年前のサッカー・ワールド・カップの時期で、ロゴの入ったブルーのT-シャツをパジャマ代わりに来てもらおうと持って行ったり、二人でクレープを食べながら、病院のラウンジに置いてあるテレビで、日本チームの試合を観戦した事を思い出します・・。
 

2006416_001_2_2  

 

 

 

   

  

      

その子供達も、もうすぐ4歳・・・。さらに下に一人生まれて、姪は3人の母親となった。

頑張っている姪に、少しでも気分転換になればと時々お弁当を持って行ったりしました。

でも、気分転換になったのは私のほうだったように思います。いろんな問題があっても、子供達の成長を見るのは、楽しく、学ぶことが多くありました。

 私、叔母ちゃんは、友達か家来のように思われているようだ・・。昨日も、紙のアンパンマン自販機を組み立てらされた。でも、結構真剣になって作っている自分に気付き、我ながら可笑しい・・・。

彼らが近くに住んでいなかったら・・、又彼らの親達が近くにいたら。私がそんなに関わることは無かったと思う。不思議な摂理を感じている・・。
  

    神のなさることは、すべて時にかなって美しい。

    神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。

       しかし、人は、神が行なわれるみわざを、

     初めから終わりまで見きわめることができない。

              伝道者の書3:11
 

目を輝かせ、歓声をあげてシャボン玉を追いかけていた笑顔・・・
おもちゃを取りっこして負け、ひっくり返ってする大泣・・・
内心「ウッ!」って思った、よだれいっぱいのチュー・・・笑

きっと、懐かしく思い出すことでしょう・・・。

|

«  芽が出てきました・・ | トップページ | 私の好きな場所 (2) »

コメント

bamboo-おばちゃん。

なんだか、おばちゃんの気持ちが・・・伝わってきます。
いい おばちゃんがそばにいて とても心強かったでしょうね。
すごく遠くに転勤なのかなぁ。

投稿: ma- | 2006.06.14 11:40

姪御さん一家にとって、大変助けになっていらっしゃったことと思います。楽しい思い出がいっぱいできて、良かったですね。私も甥たちのところにそろそろいかなくては。

投稿: Joy | 2006.06.14 14:14

ma-ちゃん:
詳しくは未だですが、山口県とのことです。
「瀬戸内海にも日本海にも面しているので
きっとお魚が美味しいよ。
フグ食べにいけるかも・・。」
姪が楽天的なのが良かったです。

私は津和野に旅行に行けるかも・・
などと考えてしまいました。笑

投稿: Bamboo-shoot | 2006.06.14 21:18

Joyさん:
私にとって、神さまが与えてくださった
楽しい、又学ぶことの多い時でした。

Joyさんも姪の出産の時
一緒に祈ってくださって
本当にありがとうございました。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.06.14 21:30

私の叔母・伯父は
私が大きくなるまで一緒の家に住んでいて
祖父が健在の時、九人家族でした
だから おじちゃん・おばちゃんは
両親・祖父母と変わらない近い存在
今もすぐそばに住んでますし
友達・家来でもあったかも???
姪御さんも子供さん達も今の私のように振りかえる事があるかもしれませんね☆
 
母の実家(母の弟)はブラジルへ単身赴任となりました
・・・どうなる事やら
行ってみたいけど、こりゃ気軽には行けないゾ
ちょっとカーニバル見に・・・なんて;笑

投稿: つばさ | 2006.06.14 23:10

つばささん:
凄い大家族だったんですね。
母の実家がそうでした。
今はあまりお爺ちゃんやお婆ちゃんと
一緒に生活する家族は少ないですものね。
つばささんはとてもいい経験をしましたね。

ブラジル・・・。地球の反対側ですからね~。
簡単には行けませんね。
でも、ブラジルが身近に感じるようになるかも・・。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.06.15 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  芽が出てきました・・ | トップページ | 私の好きな場所 (2) »