« 命のビザ・・杉原千畝 | トップページ | きゅうり2本のプレゼント »

2006.05.11

大きくなあれ!(2)

2006510_001_2 以前、紹介した豆の木ですが、枝が横に30cm以上も広がってからは、全く新しい芽が出てきませんでした。

きっと葉が多すぎて栄養が行き届かないんだと思い、3つの枝のうち2つを切って見ました。かなり勇気のいることだったんですが・・・。

  

すると、2~3日経つとこんな綺麗な新芽が出てきました。そして、新芽はどんどん大きくなり、小さな葉を開いていってます。

2006510_001_1

 

今度は、鉢を変えてあげなきゃね。植物が成長するって、見ていて楽しい・・。

 

 

 

   

神さまも私達が成長するのを楽しんでいてくれるのかな・・。成長して実を結ぶ為に、枝を剪定するって聖書に書いてあるから、それを望んでいるに違いない。剪定されるって痛そうだけど、木には必要なことなんですね・・。

私達が成長する為にも、きっと剪定が必要なんですね。必要なことなら、それに耐える力も与えてくださると約束していてくださる・・・。

            

 ↓ 心が大きくなって欲しい・・・!

|

« 命のビザ・・杉原千畝 | トップページ | きゅうり2本のプレゼント »

コメント

痛いことばかりだから、切られてばかりなんだなぁ。
切りがいがある私。
それでもって、
お腹まわりばかり 成長してるし・・・。

投稿: ma- | 2006.05.12 15:54

ma-ちゃん
それって・・・
神さまのma-ちゃんに対する期待が
凄いってことですよね。
お腹にいっぱい力を貯めて、
時を待ってるんですね。^^

でも、その只中にある時は辛いですよね。
慰め、励ましがあるように祈っています。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.05.12 17:41

いいこと 言いますね、bamboo-さん。
お祈り、感謝します。

投稿: ma- | 2006.05.12 18:48

剪定・・・
人に叩かれる事でしょうか
 
上原先生がよくおっしゃいます
「出し方が下手でも言ってみて
 それがおかしければ叩かれるものよ」
出さなければ分からないのだと
叩かれて成長するのだと
 
確かに勇気の要ることだけど
枝を広げるには☆

投稿: つばさ | 2006.05.12 20:31

つばささん
そう言う一面もありますね。
叩かれて成長することも真理ですよね。

ある方が、私達のぶつかる問題は
“私達をbetter(より良く)にも
bitter(より苦々しく)にもする。
と言っていたのを覚えていますが、
私達の問題と向き合う姿勢が
それを決めると言っているように思います。

そして、私達のぶつかる問題は
出してみてわかる事と、
出さないが故に起こることもあると思います。
それらの中に、神さまの計画があることがわかると、
受け止め方が違ってきて、
そこから何かを学ぼうとするのではないでしょうか。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.05.12 21:58

成長するためには剪定される必要がある。でも、その時は確かに痛い。又、剪定されていることが分からないでいるときも多いんじゃないかなと、自分を見て思いました。でも、随分痛い目にあったなあ。

投稿: Joy | 2006.05.13 12:43

Joyさん
大変だったんですね。
そこから学んでいる事がわからないと
苦い思いだけ残りますよね。
いや、わかっていてもそういう思いに陥りやすいと思います。
でも随分痛い目にあった・・・。で終わらず、
あれが私を育てたと言える日が来るまで、
励まされつづける様に祈っています。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.05.13 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 命のビザ・・杉原千畝 | トップページ | きゅうり2本のプレゼント »