« 木には望みがある・・ | トップページ | Fish & Good Friday »

2006.04.13

足を洗う・・

別に、怪しい事をしているわけではありません。教会の暦と言うのがあって、今日は洗足の木曜日と言って、イエス・キリストが十字架にかかる前に最後の食事をする日です。最後の晩餐ってやつです。その時に、イエスは弟子たちの足を洗われたという記事があるのです。

キリスト教では、今週を“Passion Week”と言いますが、情熱と言う意味ではなくて、「受難週」と言う意味です。クラシック音楽などで「マタイの受難曲」とか聞いたことがある方もいるかも知れませんね。十字架にかけられ、苦しまれたと言うことで、このように呼ばれています。

ちなみに、イエスが実在の人物と思ってなかった人のため・・。イエスは聖徳太子や、徳川家康のように歴史上に生きた人物です。世界偉人伝に出てくるでしょ。あれは歴史上の人物の記録です。もちろん、イエスは偉人以上の方ですが・・・。当時の歴史家(ヨセフス)の書物の中に、イエスのことも書かれています。

日本語では、足を洗うと言う表現は、関係を断つ時に使われますが、イエスは実際に弟子たちの足を洗いました。

20055_001_2

 

 

 

 

        

    夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、

     手ぬぐいを取って腰にまとわれた。

 それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、

 腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。     

          ヨハネ13:3-4

当時、足を洗うのは僕(しもべ)の仕事でした。今でもイスラエルは雨の少ない乾いた地です。舗装もしていない道をサンダルで歩くのですから、足は埃まみれになります。足を洗ってくれるのは、そこに客として、迎え入れられたしるしでした。

イエスが、弟子たちの足を洗い始めたとき、彼らはびっくりして止めようとしました。しかし、イエスはそれをして、次のように言いました。

Phisr051

 

 

 

 

 

 

 

      それで、主であり師であるこのわたしが、

       あなたがたの足を洗ったのですから、

   あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。  

           ヨハネ13:14 

弟子たちは、ある時自分たちの中で誰が一番偉いかと議論したことがありました。ホンとに、フツーの人たちです。私たちは言葉でこそ表さないけれど、同じような心を持っているのではないでしょうか。一番とは思わないまでも、認められなければがっかりする。否定されればムカつく・・。人の自然な感情ですよね・・。

イエスはその感情を否定するのではなく、へりくだった僕の行為をすることによって、“だからお互い受け入れ合い、相手を大切にしなさい・・、あなたがして欲しいように他の人にもしなさい”・・・と教えられたのではないでしょうか。

                    

 

|

« 木には望みがある・・ | トップページ | Fish & Good Friday »

コメント

はじめまして、Take@日本キリスト教団小田原教会、です。
「足を洗う」・・・確かに日本語ではそうですよね。縁を切るためと縁を作るため、と全く逆さまって面白いですね。キガツカナカッタ・・・。
僕は礼拝で、私のパンを浸したものが裏切る、と言うところに新発見!
職場の休憩時間中なので、聖書の箇所を入れられなかったので、自宅に戻ってから修正しますが、一応UPしました。よかったら遊びに来てくださいネ。

投稿: Take | 2006.04.14 10:35

 互いに受け入れあうということは、言うのは簡単ですが、私にとって難しいこともあります。でもそうしていけるようになりたいと思います。歴史上の人物、イエス・キリストがそう教えておられるのですから。

投稿: Joy | 2006.04.14 11:25

愛をあらわすこと 
受け入れ合うこと
赦し合うこと

どれも 語ることがらではなく
どれも 実際に行なうこと・・・

それを見せてくださったのが イエスさま。

それを見せられないで 口だけになりがちなのが わたし。

   

投稿: ma- | 2006.04.14 12:12

Takeさん
はじめまして。たけのこ(Bamboo-shoot)です。
もちろん、あなたの子どもではありません。
失礼!私のほうが上かも・・。^^
コメント残して下さってありがとうございます。
聖書の言葉は、絶えず新しい発見を与えてくれますね。
今の私に語りかけてくれる・・
生ける言葉,Living Wordsなんですね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.14 19:07

Joyさん
私もそうですよ・・。
天国に行くまでの課題ですよね。
生きてるって事は、日々悔い改めですね。
“七転び八起き”しつつ、“足を洗い合い”つつ、
希望を持って歩き続けて行きたいですね。


投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.14 19:22

ma-ちゃん
やっぱり、イエス様は教師としても素晴らしいですね。
姪の子供たちなんか、教えてなくても
お母さんのするようにやってるもの・・。
生活の中で、もっとイエス様と一緒にいて
“足の洗い方”を教わらなくっちゃね。
うーん、これも口だけにならないようにしなくては・・。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.14 19:35

教会の暦 というのがあるんですか
初めて知りました
他にも たくさんあるのかな
 
人に喜んでもらえる
というのは
自分の喜びにも繋がるもの
 
相手を裁くのではなく
認める事を大事にしたものです
 
☆ 課題 ☆

投稿: つばさ | 2006.04.14 20:31

つばささん

他にもあって、今度の日曜日は復活祭です。
=英語でイースターって言うんだけど、
復活という言葉からの訳ではない=
クリスマスと復活祭は、一番大きな行事だけれど、
教会によって、過ごし方は違います。
形じゃなくて、毎日の生活の中で受け取っていくことが大切なんですね。

人を受け入れ、大切な存在として敬う・・。私たちは誰でもこの課題を持っていますよね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.14 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20768/1391523

この記事へのトラックバック一覧です: 足を洗う・・:

« 木には望みがある・・ | トップページ | Fish & Good Friday »