« 牡丹としゃくやく | トップページ | ちょっと早いけど・・ »

2006.04.24

彼らはそう思っているに違いない・・・

「彼らはそう思っているに違いない・・・。」何についてとか、関係なく、このように感じたことがあるだろうか?

聖書にも似たような記事があります。イスラエルの民がエジプトを出発して、荒野を進み、約束された地がもうすぐそこに来た時、12人の人がその地を偵察に行きました。しかし12人中ヨシュアとカレブと言う2人を除いて、皆口を揃えて告げたことは、「そこは素晴らしい土地だけれど、行くのはやめよう」と言うことでした。

「私たちには自分がいなごのように見えたし、彼らにもそう見えたことだろう。」民数 13:33b 

彼らに自分たちがどう映ったか、実際はわからない。実際に彼らがエリコと言う町に行った時は、エジプトに打ち勝って出てきた民として恐がられていたのだが・・・。

でも、わかることは、自分が自分をどのように思っているかと言うこと。自分がイナゴのように見えた。だから、彼らもそう思っているに違いない・・・と言う結論になった。

そこでぶどうが一ふさついた枝を切り取り、それをふたりが棒でかついだ。民数13:23b

19805_001_13 左の写真は、イスラエルの土産のマグネットです。観光省のマークで、2人はヨシュアとカレブを表しています。

私がこれを心に留めているのは、多くの問題は、自分が自分をどのように見ているかということが鍵になっている事が多いように思うからです。

彼らも他の10人と同じように、問題を見たはずですが、わたしが乳と蜜の流れる地を、あなたがたに与えて、所有させよう。 (レビ20:24b) と言われた神さまの言葉のほうに信頼することを選んだから、「進みましょう」と言うことができたのでしょう。

結果的に、彼らは荒野に戻るほうが良いと、自分たちが選んだようになったわけですが、もちろんそこは苦難の連続でしたし、そこでも不満だらけでした。

私が、ここから与えられているメッセージは・・・

時には後退することは必要ですから、すべてとは言いませんが、多くの場合、自分の感じたようにしか行動できない。だから、どう感じるかはどう生きるかに多く影響する。問題はその感じ方が正しいかどうかと言うこと・・。

その人が感じてることが、実際の感情だからそれを否定するつもりはない。それを認めた上で、その感情の根源は何処から来ているかを見てみたい。何かの経験からだろうか、それとも、人から言われたことからだろうか・・。

私自身もそれらの経験などの影響を少なからず受けていると思う。でも、私の中にインプットされた情報が、間違ったものであったらどうなんだろう?実際に聖書が言っている私についての情報は、私が感じていたものとは違っていました。だから、聖書が私についてなんといっているかを受け取り、そこに立ちたいと思ったのです。

私の内に反対した10人と神の言葉に従ったヨシュアとカレブのような2人が居ることを知っている。私の内の古い人が死んでいく時、神さまの約束している歩みを一歩一歩経験していくのだろうと思っている。そして、荒野の旅も、すべてを益と変えることのできる主の手の中にあるのだ・・。

神さまからあなたへのラブレターを紹介します。

    

詩篇139:1-3, 13-18 主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。

あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。

  

それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。

私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私のたましいは、それをよく知っています。私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。

あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。

神よ。あなたの御思いを知るのはなんとむずかしいことでしょう。その総計は、なんと多いことでしょう。それを数えようとしても、それは砂よりも数多いのです。私が目ざめるとき、私はなおも、あなたとともにいます

エレミヤ1:5 「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」

エレミヤ 29:11 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。――主の御告げ。――それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

エレミヤ 31:3 主は遠くから、私に現われた。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。

エレミヤ 32:41 わたしは彼らを幸福にして、彼らをわたしの喜びとし、真実をもって、心を尽くし思いを尽くして、彼らをこの国に植えよう。」

ルカ15:7 あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。

ヨハネ1:12-13 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。

ローマ8:32 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

1ヨハネ4:10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

2コリント1:4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。

マタイ 7:11 してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。

マタイ 10:29-31 二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。

 

ゼパニヤ3:17 あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。

J0202039

黙示録21:3-4 そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」

ヨハネ17:26 そして、わたしは彼らにあなたの御名を知らせました。また、これからも知らせます。それは、あなたがわたしを愛してくださったその愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にいるためです。」

ルカ15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。 (11-32)

<

|

« 牡丹としゃくやく | トップページ | ちょっと早いけど・・ »

コメント

形はなくても
存在は すぐ側に
 
それを忘れず
生かされるって事を感じながら
日々の時間を過ごしたいものです
 
今回は聖書の事を全く知らない私には
難しかったかな
「ぶどう」も
 何か意味のあるものなんですか?

投稿: つばさ | 2006.04.25 19:25

つばささん
難しくしてしまってごめんなさい。
でも、コメントくれてありがとう。

別の言い方をするなら、
神さまは、わたしたちを愛し
素晴らしい存在として見てくれている。」
ということです・・。
どんなに現実がひどくて、そう思えない時があっても・・。

ぶどうは、聖書ではイスラエルを意味することがあります。
ここでは、豊かな土地を
大きなぶどうの房で表しているようです。
実際にイスラエルの大事な産物の一つであり、
ワインなども作られています。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.26 00:03

 私にとって、タイムリーな内容でした。どうもありがとうございます。自分のセルフイメージが低いということが人生に影響してしまう。自分をありのまま、価値ある存在として認める訓練をこれからもしていきたいと思います。

投稿: Joy | 2006.04.26 13:48

Joyさん
タイムリーでしたか?良かったです。
私たち日本人は特にあまり褒めて育てないようなので、
自分はダメと思っている人が多いようです。
聖書は、神さまはあなたのことを喜んでいるし、
大切な大切な存在だと言っていますよ。

私のことも・・ね。^^

投稿: Bamboo-shoot | 2006.04.27 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牡丹としゃくやく | トップページ | ちょっと早いけど・・ »