« 励まし、励まされ・・ | トップページ | Amazing Grace »

2006.02.19

お気に入りのマグ・・オーストラリア

200410_008_2 昨日の朝食は、ゆったりと、
マフィンとミルクをいっぱい入
れたマカダミァナッツチョコレ
ート・フレィバーのコーヒー・・・。

お気に入りのマグは、オーストラリアに行った時、ブルーマウンテンの空の色のような青に魅せられて、とても気に入って、買ってしまった。 

何処までも続く茶色っぽい平原と、吸い込まれそうに青い空、遠くからでも見える一本の木・・。200410_004_4

オーストラリアらしい、大好きなデザインのひとつ・・・。

                                 
オーストラリアでの思い出

オーストラリア、シドニーの友人の家にに滞在していたある日、
1日バスの券を買って、あちこち歩いてみる事にした。調べて
いるうちに、ユダヤ人の博物館があることに気がついて、そこ
へ立ち寄ることにした。

ユダヤ人たちが、オーストラリアに移民として来た歴史と、ホロ
コーストの追悼記念館であった。中に入って見ると、日本人らし
き人はいなかった。一回りした後で、アウシュビッツの記録フィ
ルムを上映しているとの事だったので、地下の会場に入った。

時々、テレビでもドキュメンタリーとして、上映されるが、目を覆
いたくなるような映像、そしてそれらを生き抜いてきた人々の話、
さらに、現在のイスラエル。最後に、ホロコーストの中、彼らを助
ける事に尽力した人たちを紹介していた。

その中に、日本人の元リトアニア大使であった、杉原千畝(ちう
ね)氏
(英語資料)の名前と映像がありました。そして、フィルム
は、「ユダヤ人たちは、これらの命の恩人を決して忘れないだろ
う」と結んでいました。

あまり知られていないかも知れませんが、彼はハルピンに留学
中にクリスチャン(日本語資料)になり、妻の幸子さんも結婚後
洗礼を受けました。彼が何故日本政府の命令に背いてまで、
ビザを発行したのかは、殆んど人道面からのみ言われている。
しかし、後の幸子夫人の談話の中と、英文の最後の部分で、
二つの理由が書かれている。一つは人道的な理由、二つ目は
「彼は、神に従うことを選んだのです。」と語っていた。

一方で自分の野望を成し遂げるために、キリストの名を利用した
ヒトラーや、それに巻き込まれていった多くの人たちがいた。

自分の信仰を吟味させられる時でした。フィルムの会場から出
て来るとき、私を見る周りの人たちの視線が、優しく感じられ、
日本人として嬉しく、杉原千畝さんを誇りに思いました。

J0399596_1 


No one has seen

God at any time.

If we love one another,

God abides in us,

and His love has been

perfected in us.

1John4:12

             

     

|

« 励まし、励まされ・・ | トップページ | Amazing Grace »

コメント

立派な人たちにならって、私も自分の出来ることで他の人たちに何か出来るようになりたいです。

投稿: Joy | 2006.02.19 20:45

おっ!Joyさんだ!
いつも、読んでくれて、ありがとう!
自分だったら、杉原千畝さんみたいにできるか自信はないですが、そうありたいとは思いますね。自分の出来ることで、小さなことでも、きっとたくさんありますよね。

投稿: Bamboo-shoot | 2006.02.19 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20768/753889

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りのマグ・・オーストラリア:

« 励まし、励まされ・・ | トップページ | Amazing Grace »