« サイパンでの出会い | トップページ | 光は闇の中に・・・ »

2006.01.05

Let's Sing Gospel (1)

今日は、私が属しているゴスペルクワイヤの宣伝をさせてください。横浜の都筑区で月2回集まっている仲町台ワン・ヴォイスというグループです。まだ小さなグループですが、昨年12月は、ゴスペル・クリスマス・キャロルを駅前でしました。近くで、興味のある方がいらっしゃれば、どうぞ、のぞいて見てください。体験レッスンは無料です。

レッスン会場の受付の方が、私に“大きな声を出して歌うことは、健康にとっても良いと、聖路加病院の日野原院長が、彼の本で言ってました。”と声をかけて来られました。その本は読んではいませんが、体験的に私は歌った後、気持ちスッキリします。

歌って不思議・・・。嬉しい時、自然と口ずさんでいることもあるし、落ち込んで悲しい時、歌を聴きながら涙を流し、慰め励まされていることがある。以前、教会で歌った子どもの賛美で、“歌は神さまからの贈り物、歌は神さまへの捧げもの”という歌がありましたが、妙にひとり納得していました。

仲町台ワン・ヴォイスの案内は下をクリックしてください。

今日は、ゴスペルの代表的な歌のひとつであるOh happy day 書き込みました。 

            Oh happy day, Oh happy day

              When Jesus washed,  When Jesus washed

                  When Jesus washed my sins away

               He taught me how to watch

              Fight and pray, fight and pray!

             And rejoicing every day, every day!

                  なんて幸せな日だろう

           イエスは私の罪を洗い流してくれた

       彼は私の目を開かせ、祈り戦うことを教えてくれた

            そして毎日喜びと共に生きることを

                               by Edwin R. Hawkins

_012

シオンの娘よ。喜び歌え。楽しめ。

見よ。わたしは来て、あなたのただ中に住む。

ゼカリヤ2:10

 

 Sing and rejoice, O daughter of Zion!

For behold, I am coming and

I will dwell in your midst,

        Zek. 2: 10

|

« サイパンでの出会い | トップページ | 光は闇の中に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20768/246968

この記事へのトラックバック一覧です: Let's Sing Gospel (1):

« サイパンでの出会い | トップページ | 光は闇の中に・・・ »