トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

2006 Jan.

Jan. 4    ブログデビュー
   5  サイパンでの出会い
   5  Let's Sing Gospel (1)
   6  光は闇の中に・・・
   7  アザラシ・・・
   10 サイパンでの出会い-2
   10 心を守る
   10 回復完了??
   11 Footprints in the sand
   13 
   14 Serenity Prayer
   15 ありがとう
   17 Let's Sing Gospel (2)
   18 キャロットケーキ
   19 ちょっと嬉しい・・・
   20 疲れた時
   21 あなたの出番
   22 雪の日・夕焼け
   23 チョコレート・シフォンケーキ
   26 素晴らしい人
   27 約束
   28 鶏肉とセロリの揚げ餃子
   30 只今工事中・・・

| | コメント (0)

2006.01.30

只今工事中・・・

130226012006_1 ちょっとピントが合ってないけど、何だか分かりますよね。そう、道路工事の案内・・・。

たまたま道を歩いている途中見かけたもの。道路に面していたので、ゆっくりピントを合わせて撮ることができなかった。残念。私のお気に入りは正面を向いてお辞儀をしているもの・・・。最近は絵の入っているものは少ない。

ご迷惑をおかけしております。只今工事中。ご協力をい願いいたします。

このフレーズが好きなのです。何故なら、人の生き方そのままを表しているように思うからです。私はいつも工事中・・・。工事中でありたい・・・。古い自分が日々壊され、変えられ、新しい自分を建てられ続けたい。

だから、今しばらく(多分・・・いや確実に・・・天国に行くまで・・・)ご迷惑をおかけしておりますが、よろしくご理解とご協力お願いいたします。

もうしばらく、ご辛抱ください・・。というのもあるが、いつまでと言われても困る・・・。やはりご理解とご協力をお願いいたします。

感覚的には、子どもがいっぱい失敗しながら、できるようになる・・。お母さんは、それを見ているけど、手を出さない。失敗して泣いてお母さんの所に行くと、涙を拭いて、「大丈夫・・。できるよ。少しずつね・・・。ちゃんと、ここにいるからね。」 子どもは安心して又挑戦する。

続きを読む "只今工事中・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.28

鶏肉とセロリの揚げ餃子

182928012006 セロリはお料理の名前に出ることは少ない。昨日、スーパーでセロリ半束198円と安かった。茎の部分はスープ、シチュー、等に使うし、葉と細い茎は揚げ餃子にと、捨てる所は無い。

鶏肉とセロリを餃子の皮で包み揚げる・・・。日本人には考え付かない取り合わせかもしれない。アメリカの知人がつくっていたもの。
                                              

  <材料>  (C:カップ)

  セロリ       1.5C 葉と細い茎の部分をみじん切りにする。

  鶏ささみひき肉  200g

  餃子の皮(大判) 1袋(24枚)

  塩・こしょう    少々

  
  <作り方>

  1.フライパンに油をひき、ささみのひき肉をポロポロになるように
    炒める。そこに、みじん切りしたセロリを加え、さらに炒める。

  2.セロリの水分が出るので、水気を切り冷ます。

  3.餃子の皮に、大匙1杯程度の具を乗せ、普通の餃子のように
    包み、熱しておいたサラダ油で、キツネ色になるまで揚げる。

  *ポン酢、レモン絞り汁、など好みで頂く。
                                              

     

続きを読む "鶏肉とセロリの揚げ餃子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

約束

                             今日、ある方と会う約束をしていた。
               はじめて会う方・・・。J0382593_1
ちょっとドキドキ、少しワクワク・・・。
決して怪しい事ではなくて、オーストラリアに
住んでいる友人が、彼女に私のメールアドレス
を教え、紹介をしていたからだ。

彼女は、黒のコートと大きな緑のバッグが目印、
私は、同じく黒のコートと青と黒のプリントスカーフ・・・。
あの人かな~と思いながら、少し見ていると、
あっちも見ていて、互いに声をかけあった。

「はじめまして・・・」と、会話が始まったが、本当に
初めてのような気がしない。神さまがお互いの人生
にしてくださったことなど分かち合って、あっという間
に時間が過ぎてしまった。又、会うことを約束して、
家路に着いた。

クリスチャンになることは、人生に問題がなくなる
わけではない。でも、それらの問題は全て神さまの
手の中にあり、必ず超えられると約束している。
今までも・・・そして、これからも・・・。

続きを読む "約束"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.26

素晴らしい人

J0223774

「先週、素晴らしい人にあったのよ。

若いのに、小さなことに対しても、

きちんと「ありがとう」って言うのよ・・・。」

                          ある婦人が感動して話し出した。

            前日に、コメントで「ありがとう 」の言葉の

            素晴らしさについて書いたばかりだったので、

            「へ~!」って感じだった。

          やはり、「ありがとう」は人を嬉しくさせるようだ・・・。

          コメントにも書いたけど、もう一度、・・・

          有難い・・・当たり前と思ったらでてこない言葉。

          本来、無いはずなのに与えられる・・・。

          これって、聖書の言う「恵み」だよね。

          今日も「ありがとう」をいっぱい言えたらいいね。

続きを読む "素晴らしい人"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.23

チョコレート・シフォンケーキ

明日、姪の所に行くので、チビちゃんたち
3人の為にケーキを焼いた。あまり甘くなくて、
ふわふわのシフォンケーキにした。        193123012006_2
私のケーキはいつもシンプル、
安い、簡単なものが多い。

材料がなくても、ココアと基本的な
ケーキの材料でつくれる。
ちょっと物足りない人は、アイスクリームや、
ホイップクリーム、フルーツ等 を添えても良い。

  <材料> 直径21cmのリング型が目安。
         C:カップ、 T:大さじ、 t:小さじ

  薄力粉                          3/4C

  ベーキングパウダー         1t

  砂糖                             1/2C

  卵黄                             4ヶ

  塩                                 1/2t

  サラダ油                        1/4C

    ①ココア                    2T

    ①熱湯                      4T

       ②卵白               4ヶ

       ②砂糖               1/4C

       ②レモン汁          1/4t

<作り方>

1.ドライの原料を、合わせて振るっておく。。

2.型にバターを塗り、ココアは熱湯で溶いておく。

3.ボールに1と卵黄、サラダ油を混ぜ、クリーム状にする。

4.別のボールに卵白と他の②の材料を入れ、角が立つまで
  良く泡立て、泡を消さないように、2回に分けて3と混ぜる。

5.160℃に熱しておいたオーブンで、約50分焼く。

6.オーブンから出し、網に伏せて粗熱を取り、型から外す。


ふわっと、しっとりできました~v(^0^)v 

続きを読む "チョコレート・シフォンケーキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

雪の日・夕焼け

200410_004_1 

200410_007

夕方、外に出たら、夕焼けがとてもきれいだった。

続きを読む "雪の日・夕焼け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.21

あなたの出番

今日は朝から雪。J0387156

横浜でも11センチ積もり、

下駄箱から雪用ブーツを取り出した。

いつもは場所を取り、申し訳なさそうに

下駄箱の隅に置かれていた。

「今日はあなたの出番よ。」

クシュッ、クシュッ、気持ちの良い音をたて

しっかりと足跡を残して行った。

続きを読む "あなたの出番"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.20

疲れた時

Phabi034_1    しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、

鷲のように翼をかって上ることができる。

走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

イザヤ40:31

あなたは、疲れた時どうしますか?

続きを読む "疲れた時"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.19

ちょっと嬉しい・・・

寒い中、暖かい日差しに触れると、ちょっと嬉しい。

土の中から、寒さに負けずに芽を出している

植物を見ると、ちょっと嬉しい。

道端で、鳩と雀が仲良く餌をついばんでいる様子が

かわいくて、ちょっと、嬉しい。

久しぶりに会った友人の笑顔と、

一気に喋った時間が、ちょっと嬉しい。

姉からチョコレートが届いた。なんだろう・・・。

バレンタインディにはちょっと早いけど・・・。

たまたま家にあったから・・・との事。

こういうサプライズって、ちょっと嬉しい!

神さま、今日もたくさんの嬉しいことをありがとう!!

続きを読む "ちょっと嬉しい・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.18

キャロットケーキ

223416012006 クリスマス以来、久しぶりにケーキを焼いた。人参をいっぱい使ったケーキなのに、人参の味があんまりわからない。Molassesという黒蜜があったので、大匙1くらい砂糖に加えたので、色も黒糖の色で、ちょっと見るとチョコレートケーキのようで、味もこくがある・・。友人からもらったレシピで、彼女は砂糖の半分の分量はブラウンシュガーにしている。ここに書いているのはオリジナルの分量。私は半分で作っている。

  <材料>    C:カップ、 t:小さじ

サラダオイル          1-1/4C

卵                       4ヶ

砂糖                     2C  (1Cのブラウンシュガーを使うと良い)

おろした人参          3C

くるみ又はレーズン  1C  (両方半分ずつ入れても良い。)

小麦粉                  2C

シナモン                1t

ベーキングソーダ    2t

塩                        1/2t

<作り方>

1.小麦粉、シナモン、ソーダ、塩を合わせてシフトしておく。

2.サラダオイル、卵、砂糖を、良く混ぜあわせる。そこに、

 おろした人参と1を混ぜる。さらに、ナッツ又はレーズンを加える。

3.油を塗った型に、流し込み、170度で約35分-40分焼く。

とっても簡単、材料費も安く、人参いっぱいで健康的 !             

     

続きを読む "キャロットケーキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

Let's Sing Gospel (2)

昨日は今年初めてのゴスペルのクラス。    J0236518

思いっきり声を出して歌った。

いつも、私が音を外す張本人だが、

めげずに続けている・・・。

続けていれば、何とかできるようになるかな・・・。

そういえば、今年もらった犬のカレンダーに

“歩いていると、いろいろあるけど、

 歩いていると、のりこえられるよねえ”

と言うのがあった・・・。

      求めなさい。そうすれば与えられます。

      捜しなさい。そうすれば見つかります。

      たたきなさい。そうすれば開かれます。

                マタイ7:7

 *これは求め続けなさいと言う意味・・。

続きを読む "Let's Sing Gospel (2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

ありがとう

ブログを始めて10日過ぎた、自分が予想していた以上に見てくれたようで、嬉しい。 (^0^)/ コメント残してくれた人も、そうでない人も、ありがとう!m(_ _)m  メールくれた友人にも感謝! 

この10日間、PCに向かって、「え~!どうしてそうなるの~!」、「うそ~、全部消えちゃった~!」、「おー!!」などど、叫びながら、奮闘していた私です。

旅行の時以外は、持ち歩くことなどなかったデジカメもカバンに入れて・・・。

まだ、始まったばかり・・・。気長に行こう・・・。ずーと、始めたいと思っていたブログ・・・できばえよりも、実際に始められたことが嬉しい。

Cehch536Cehch536_1Cehch536_2

続きを読む "ありがとう"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.14

Serenity Prayer

                          174511012006_3

神さま・・・私に

変えることのできないことを

受け入れる心と、

変えることのできることを

変える勇気を与えてください。

そして、

それらを識別する知恵を

与えてください。

    ラインホールド・ニーバー (私訳)

続きを読む "Serenity Prayer"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.13

200410_001_1

今日、仕事の帰りに花屋の前を通った。

まだ寒いのに、もう春の花がいっぱい。

今は季節感がなくなるくらい、いつでもいろんな花がある。        

200410_004_3

“世界で一つだけの花”の歌が、流れてきそうだ。 

そう、あなたも・・・

もともと、特別な Only One

200410_002_1

花屋さんに頼んで、写真を撮らせてもらった。

この写真を見て、一人でも微笑んでくれたら

きっと満足・・・

花も私も・・・。

続きを読む "花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

Footprints in the sand

この写真を見たとき、ある人を思い出した。もう20年程(?)前のこと、夏の間だけ英語を教えるために 、アメリカから大学生が来ていた。彼女は日本を去る日に、小さな壁掛けを私にくれた。そこに書かれていた詩がFootprints in the sand - 砂の上の足跡と言う詩でした。読んだ時すごく感動した事を覚えています。

しばらくして、日本でも良く目にするようになりました。作者についてはいろいろ言われていますが、確定ではないのでUnknownとさせていただきます。

                       J0289487_5                                              

ある晩、ひとりの男が夢を見た。

主と共に浜辺を歩いている夢だった。

空を見上げると、彼の人生で起きた

いろいろな場面が映し出されていた。

夫々の場面と平行して、砂の上を見ると

二組の足跡があるのに気がついた。

一つは私ので、もう一つは主のもの。

最後の場面が映し出された時、

彼は振り返って、砂の上の足跡を見た。

すると、彼の人生の途中で、

足跡が一組しかない時が

何度もあることに気づいた。

J0177929_1

  さらに気づいたことは、

 その時は、彼の人生で最も辛く

 悲しい時であったのだ。

 困惑して、彼は主に尋ねた。

 「主よ、私があなたに従うと決心したら、

 あなたは、終わりまで

 私と共に歩くと言われました。

               それなのに、私の人生の一番困難な時、

               一組の足跡しかありません。

               私が、あなたを最も必要としている時に、

               なぜ私を見捨てられたのですか。

               主は答えられた。                                     

               「私の大切な、大切な子よ、

               私はあなたを愛し、

               決してあなたを見捨てない。

               あなたの苦難や試練の時、

               あなたが見た、只一組の砂の上の足跡は

               私があなたを背負って行ったものです。」

                                 (私訳) 

 

   あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。

   あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。

   わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。

   わたしは背負って、救い出そう。

            イザヤ46:4 

英語の詩は続きにあります。

続きを読む "Footprints in the sand"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.10

回復完了??

Phrzo002_1 今日、朝起きて、PCを開いたら、「あなたのシステムに深刻な問題がありましたが、回復完了しました。」との、表示・・。 昨日、神さまの回復システムの記事を書いたばかり・・・。あまりのタイミングのよさに「え~!うそ~!」

ちょと、ドキドキして、詳細を見ると、ウイルスのスキャンとブロックの問題でしたが、解決済みとの事。もう一度「お~!!」・・・。私が寝ている間も、コンピューターは働いて、回復していたのね。コンピューターって、というか、これを作った人はスゴイ!

人の心は、そんなに簡単じゃないよね。コンピューターより、もっともっと複雑なんだよね。壊れやすく、取り扱いは難しい・・・。そう、人の心は、こわれもの、取り扱い注意なんだよね。・・それで、これを造った方が、取り扱い説明書を書いている。・・・聖書は、私たちが人生を豊かに、生き生きと歩む為のガイドブック・・・と私は思っている。 

あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。

        詩篇119:105  

            

続きを読む "回復完了??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

心を守る

コンピュータの迷惑メールの多さに、イライラしていた時があった。ある日、一つのボタンに気づいて、それをクリックしたら、ほとんどの迷惑メールがブロックされた。 ウイルス対応ソフトは入っていたのに、使っていなかった・・・。

人の心にもウイルスをはじくソフトがあればいいのに・・・。時々、心を傷つける言葉や出来事が、受け取りたくないのにお構い無しに送られてくる。スキャン、ブロックして、良いものだけを受け取れる・・・そんなシステムがあればいいのに・・・。

「あっ・・・。」聖書の言葉が、心に浮かんだ。

Phnla148_3   

キリストの愛が私たちを取り囲んでいるからです。 

           2コリント5:14  

何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、

感謝をもってささげる祈りと願いによって、

あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、

あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

        ピリピ4:6-7

そう、私には神さまの言葉のスキャンがあった。これで、何が良いことなのかわきまえ知るのだ。もってるだけじゃなく、使わなくっちゃ・・・。キリストの愛が私を取り囲んでいる。その愛が、飛んでくる矢をブロックしてくれる。避け切れなくて、受けてしまったとしても、神様の愛はその傷をいやす回復システム・・・。うーん、PCも奥が深い・・・。

     

続きを読む "心を守る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

サイパンでの出会い-2

P1010067             サイパンの北の端に、バンザイクリフと呼ばれる所がある。ここは太平洋に面し、島で一番日本に近い場所。日本が戦争に負けた時、多くの日本人が「バンザイ!」と言って、捕虜になるよりは、死を選んだ場所。紺碧の海の美しさが、かえって悲しい思いをさそう・・・。 

その太平洋のむこうにある母国を遥かに眺めるように、戦没者の記念碑が三つ建っている。一つは、日本人の為、隣に沖縄人の為のもの。もう一つは、韓国人の戦没者の記念碑。日本人も全ての人が苦しんだのですが、無理やり日本の軍隊に徴兵され、殺されていった韓国の方達・・・。ごめんなさい。本当にごめんなさい。

P1010081 翌日、朝、浜辺を歩いていると・・・そう、あのアントニオさんと会った朝・・・ミニゴルフコースの木の陰から手を上げて、声をかける人がいた。「ハングクサラム?」。私を見て、韓国から来たかと思ったらしい・・・。「ア-ニョ、イルボンサラムィェヨ」(いいえ、日本人です。)と答える。私が日本人とわかると、日本語で話してきた。日本語、英語、韓国語のミックスで話した。ビジネスで来ていて、いつも朝ゴルフをして、今から仕事との事。昨日の場所から、タイムスリップして現在に戻った感じでした。 

最近、いろいろ両国の関係が取り立たされています。私に何ができるかわからないけれど、さらに良い関係を築いて行きたいですね。
                                  

続きを読む "サイパンでの出会い-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

アザラシ・・・

友人がブログを見てくれて、「プロフィールは、まだ製作中?」とメールをくれました。実は昨日どうしようかと考えていました。かわいいアザラシの写真があったので、それを使おうかと思いましたが、やはりそのアイデアは没にしました。でも、ちょっと似てるかも・・・。

せっかくなので、今回だけ、登場させます。続きをどうぞ・・・。

続きを読む "アザラシ・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.06

光は闇の中に・・・

Phnla260_1起きよ。光を放て。あなたの光が来て、

主の栄光が あなたの上に輝いているからだ。

         イザヤ60:1

               

               光はやみの中に輝いている。

               やみはこれに打ち勝たなかった。

                    ヨハネ1:5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

Let's Sing Gospel (1)

今日は、私が属しているゴスペルクワイヤの宣伝をさせてください。横浜の都筑区で月2回集まっている仲町台ワン・ヴォイスというグループです。まだ小さなグループですが、昨年12月は、ゴスペル・クリスマス・キャロルを駅前でしました。近くで、興味のある方がいらっしゃれば、どうぞ、のぞいて見てください。体験レッスンは無料です。

レッスン会場の受付の方が、私に“大きな声を出して歌うことは、健康にとっても良いと、聖路加病院の日野原院長が、彼の本で言ってました。”と声をかけて来られました。その本は読んではいませんが、体験的に私は歌った後、気持ちスッキリします。

歌って不思議・・・。嬉しい時、自然と口ずさんでいることもあるし、落ち込んで悲しい時、歌を聴きながら涙を流し、慰め励まされていることがある。以前、教会で歌った子どもの賛美で、“歌は神さまからの贈り物、歌は神さまへの捧げもの”という歌がありましたが、妙にひとり納得していました。

仲町台ワン・ヴォイスの案内は下をクリックしてください。

続きを読む "Let's Sing Gospel (1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイパンでの出会い

          P1010088_2                         昨年の6月に、友人とサイパンに行きました。朝、ホテルの近くの浜辺を散歩している時、日系2世のアントニオさんに会いました。歩きながら目が合ったので、軽く会釈しながら「日本人かな~」と思っていると、向こうから「日本の方ですか?」と自然な日本語で話しかけてきました。年齢ははっきり覚えていませんが、75歳前後だったと思います。戦前からサイパンに住んでいて現地の方と結婚しているとの事でした。

P1010089_1  話をしていく中で、6月の終わりに天皇、皇后両陛下が戦後初めてサイパンに訪問されることを伝えると、「それは良いことです。」と、静かにうなずいていました。前日、ツアーガイドさんと話していた時、第二次大戦の日本軍のしたことを謝ると、「 もう、終わったことだよ。日本軍がした事はひどいことだけれども、その前からいた日本人、特に沖縄の人たちは、サイパンの人々の生活に貢献したし、良い人たちでした。」と、言ってくれました。 

P1010095

その事を、アントニオさんに伝えると、「そう言ってましたか。」と少し嬉しそうでした。黒く日焼けした穏やかな彼の顔に刻まれた深いしわを見ながら、戦後この地で生き抜いてきた彼の残りの人生に祝福あれと、心の中で祈りました。

 
サイパンの桜と言われるフレームーツリーの花が咲き乱れていました。
                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.04

ブログデビュー

明けまして おめでとうございます。

 昨年から、ブログを始めたいと思いながら、なかなか一歩が踏み出せませんでした。今年こそはと、お正月から頑張ってここまでこぎつけました。今日、初ブログです。おかげで、お正月休みは、あっと言う間に終わってしまいました。まだわからない事ばかり、でも、あなたが読んでくれたことは私の励ましです。ありがとう!

 昨年、習ったゴスペルで、とても好きになった歌があります。オリジナルは韓国ですが、日本語で訳されたのを歌いました。

   君は愛されるため生まれた 君の生涯は愛で満ちている

   君は愛されるため生まれた 君の生涯は愛で満ちている

   永遠の神の愛は 我らの出会いの中で 実を結ぶ

   君の存在が私にとって どれ程大きな喜びでしょう

   君は愛されるため生まれた 今もその愛受けている 

   君は愛されるため生まれた 今もその愛受けている

 今まで生きて来て(実はかなり長く)、いろんな道を歩きながら、傷つけてしまったり、傷つけられたりしながら、多くの方達と出会ってきました。だから、私のブログの名前は Crossroads・・・十字路、交差点。このブログも、角まで行かないと先が見えないと言うこともあるけれど(^0^;)、交差点ですれ違うだけのお互いでも、微笑み合えたら嬉しい~などど思っています。

_007

 Mercy and truth

  have met together;

  Righteousness and peace

  have kissed.

    Psa.85:10


   
                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »